処分の方法と費用

マットレス処分(買取)方法5選と費用相場。高く売るための3つの秘訣

マットレス処分(買取)方法5選と費用相場。高く売るための3つの秘訣

大きくてかさばるベットマットレスの処分に、頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?

古くて使えなくなったものはできる限り処分したいというのが本音ですが、

費用や方法を考えると、二の足を踏んでしまうことも少なくありません。

探してみるとベットマットレスの処分方法は複数あり、無料でできる場合もあります。

ここではマットレスの処分方法を5つ厳選して紹介するので、今後の参考にしてください。

マットレスの処分方法5選

マットレス 処分 タイミング

ベットマットレスの処分方法は

  • 粗大ごみに出す
  • 家具店に引き取ってもらう、
  • 買取業者に依頼する
  • ネットで販売する
  • 不用品回収業者に依頼する

の5つの方法があります。

マットレスを処分するタイミング

ベットマットレスを使い続けていくと、弾力性がなくなったり、中央部分がへこんできます。

これがマットレスを処分する目安になります。

古いマットレスを使い続けると、体に必定以上の負担をかけて痛みが出たり、

睡眠が阻害される可能性も出てきますので、できるだけ早い時期に買い替えたほうが良いでしょう。

マットレスを処分する前に種類を把握しておく

ベットマットレスは種類によって寿命が変わってきます。

処分するかどうか迷ったら、使用しているマットレスがどの種類になるか把握しておくと、

処分の検討がしやすくなります。

コイルやスプリングを使用して弾力性を出しているマットレスの寿命は約10年です。

内蔵されているスプリングのバネが弱り、体が沈みやすいと感じたら交換時です。

スプリングの代わりにウレタンを使って弾力性を出しているマットレスの寿命は、

約3~5年と言われています。スプリングタイプ同様、使用し続けると弾力性が弱くなっていきます。

マットレスの処分方法1.粗大ごみとして出す

マットレス 処分 粗大ゴミ

ベットマットレスを粗大ごみに分類している地方自治体は多く、処理費用を払えば処理が可能になります。

費用はバラつきがありますが、2,000円前後が目安です。

最寄りの粗大ごみ受付センターに問い合わせ、指示に従ってマットレスを出します。

マットレスをゴミとして処分する場合(東京都)

東京都23区でそれぞれ粗大ごみの出し方を設定していますが、主な流れは、

電話などで申し込み、粗大ごみ処理券を購入、持込可能であれば直接持ち込んで処理します。

持ち込み不可としている区もあるので、事前に確認が必要です。処理に費用はかかりますが、

唯一足立区だけは手数料が無料となっています。

マットレスをゴミで出すとかかる費用は2000円ほど

地方自治体に出す場合の、ベットマットレスの処理費用は、マットレスの大きさによって異なります。

シングルは1,200円ほどで、セミダブルとダブルは約2,000円が相場です。

マットレスを粗大ゴミに出すメリット・デメリット

マットレス 処分 メリットデメリット

他の処分方法と比べると、比較的安価に捨てられるというメリットがあります。

ですが多くの場合指定された場所に持ち込む必要があるため、

場合によっては大きなベットマットレスを運ぶことが難くなります。

マットレスの処分方法2.家具店に引き取ってもらう

マットレス 処分 家具店

新品のベットマットレスを購入する代わりに、古いものを家具店に引き取ってもらうという方法があります。

マットレスの買い替えが1つの店でできるという点が便利です。

通常古いマットレスは無料で処理してもらえますが、

家具店によっては料金を設定しているところもあります目安は3,000円)。

マットレスの処分はニトリでも可能

マットレス 処分 ニトリ

家具・インテリアの専門店・ニトリは、古くなったベットマットレスの回収を行っています。

回収のみではなく、ニトリで新品のマットレスを購入した時に利用可能になります。

マットレスの処分費用相場は3,000円ほど

ニトリの場合、1件につき3,000円の料金が発生し、

同容量を一つ(例えばベットマットレス一つに対しベッドマットレス一つ)という条件があります。

もし複数のマットレスを同時に買った場合、3,000円で購入数と同じ数のものを引き取ってもらえます。

マットレスの処分方法3.買取業者に依頼する

マットレス 処分 買い取り業者

買取業者は、ブランド物から家庭用品までさまざまなジャンルの品物を買い取ります。

ベットマットレスも対象商品の一つになっていますので、

処分ではなく売ってお金に変えるということも可能です。

ただし使用したベットマットレスは、ブランド物で美品でなければ、

買取が難しいとされています。ベットマットレス単品よりも、

ベッドフレームとセットになっているほうが、評価されやすい傾向があります。

マットレスの買取をしたい場合は?

マットレス 買い取り

ベッドマットレスの買取を検討しているなら、買取業者選びから始まります。

ベットマットレスという大型の商品であるので、査定士が自宅を訪問してくれる、

出張サービスを展開しているところをおすすめします。

ほとんどの業者は出張査定費を無料としていますので、

気に入った買取業者を見つけたら、問い合わせてみると良いでしょう。

全国には数多くの買取業者がいて、見つけることはそう難しくありません。

もしおすすめの業者を知りたい場合は弊社にご連絡ください。

マットレスの処分(買取)査定の際に必要な情報

買取を決めたらまずは店に電話やメールなどで問い合わせます。

その時に必要となる情報は

  • ベットマットレスのブランド名
  • サイズ
  • ベッドのタイプ(電動式)
  • 年数

などです。

実際に査定して貰う前に、正確に情報を提供することで、

およその買取価格が把握でき、本査定との差額も少なくなります。

マットレスの処分を買取業者に依頼するメリット・デメリット

必要ないと思っていたベットマットレスが、お金になるということは、

買取業者に依頼する最大のメリットになるのではないでしょうか。

ベッドマットレスの他に、ベッドフレームも処分したいと考えていたら、査定評価が上る可能性が出てきます。

デメリットとしては、売りにくいという点です。

無名のマットレスや、使い込んで使用感が出すぎているもの、

シミや汚れが目立つものは、買い取ってもらえない確率が高くなります。

よほど人気があって手に入りにくいベッドマットレスなら別ですが、一部が破損している場合も、買取が難しいと考えられます。

マットレスの処分をネットで売るメリット・デメリット

マットレス処分 ネット メリットデメリット

ネットは、同時に不特定多数の人に訴求しやすいというメリットを持っています。

例えば地方の情報掲示板にベットマットレスの販売情報を掲示しても、

目にするのはそのエリアに住む人だけです。

ですがネットはインターネットが接続できている状況であれば、誰でも閲覧が可能です。

デメリットは、売る場所によっては目に留まりにくいという点です。

例えば同じベットマットレスを売っている人が多ければ、それだけユーザーが拡散されてしまいます。

自分で媒体を作って販売するとなると、敷居が高くなります。

マットレスの処分方法4.ネットで売る

マットレス 処分 メルカリ

出典:メルカリ

ネットを利用した不用品の処分方法の一つに、ネットオークションがあります。

有名なものだとメルカリです。

上記の画像のように自由に取引ができます。

登録すれば誰でも出品でき、幅広いジャンルのものが取引されています。

マットレスをネットで売るメリット・デメリット

ネットオークションを利用しているユーザーはすでに存在するため、イチから集客する必要はありません。

場合によっては入札が多く入り、予想以上の高値で落札される可能性も期待できます。

好きな時に出品できる、価格を自由に設定できると言ったメリットがあります。

デメリットは、必ず売れるという保証はないということと、配送が難しいということです。

ベットマットレスの状態が悪かったり、需要がなければ売れる可能性は低くなります。

たとえ売れたとしてもベットマットレスを配送するときの料金がかさみます。

梱包から配送まで10,000円以上かかる場合もあるので、それ以上で売らなければ利益を得ることは難しいでしょう。

マットレス処分費用相場のまとめ

マットレス 処分費用 相場

ベットマットレスは粗大ごみとして地方自治体に処分を依頼することができます。

費用相場は2,000円前後で、住んでいる地域によっては無料で処理が可能になります。

家具店に引き取って貰う場合も、無料または3,000円ほどの費用がかかります。

買い替えという条件がついていることがほとんどです。

買取業者に依頼するまたはネットで販売して売れた場合、費用はプラスになります。

マットレスの処分方法5.不用品回収業者に依頼する

マットレス 処分 不用品回収

使い古したベットマットレスを、不用品回収業者に回収してもらうという方法もあります。

買い替えせずにベットマットレスの回収のみ必要という場合に向いています。

不用品回収業者に依頼した際にかかる費用は、運び出すベットマットレスの多きさや住居タイプなどによって異なります。

マットレスを不用品回収業者に売るメリット・デメリット

マットレス処分 不用品買取業者 メリットデメリット

不用品回収業者は、地方自治体の処理費用よりも割高の傾向があります。

ですがベットマットレスの運び出しから請け負ってくれますので、

粗大ごみとして処理するよりも運ぶ手間が省けて楽になります。

マットレス処分費用相場(無料で行う方法)

マットレス処分 費用相場

ベットマットレスを粗大ごみとして出す場合、最寄りの地方自治体が無料で処理を受け付けている場合は費用はかかりません。

その他の相場は2,000円前後です。

ベットマットレスを解体し、プラスチック・可燃ごみなど家庭用ゴミに分類してそれぞれ出せば、

無料で処理できます。

家具店に引き取ってもらうという方法は、買い替えで回収無料にしている店を選ぶことで無料で行うことが可能になります。

普段は有料でも、キャンペーンで無料になることもありますので、サービスを利用してみましょう。

無料で出張買取を実施している買取業者に依頼した場合、たとえ売買が成立しなくても、費用は発生しません。

もし売買が成立すれば、買取価格分を手にすることができます。

ただし売れずに粗大ごみで処理する場合は、その分費用が発生します。

ネットオークションを使ってベットマットレスをネットで販売する場合、落札されたら配送料がかかります。

落札されず売れ残ってしまったら、その後の処理費用がかかります。

粗大ごみ処理であれば相場は2,000円前後です。

不用品回収業者の中には、無料で不用品回収を行っているところがあります。

条件が合えば、無料でマットレスの処理も可能になります。

不用品回収業者でおすすめの業者を知りたい場合はぜひ弊社にご連絡ください!

マットレスを高く売る3つのポイント

マットレス 高く売る ポイント

まず一つ目に売ると決めた時点で、ベッドカバーをするなど、マットレスをできるだけきれいに保つ努力は必要です。

査定社は、マットレスの状態を見ます。

新品に近く、汚れやシミがほとんど認められない状態であるものは、高く評価される傾向にあります。

もう一つは査定前はできるだけマットレスをきれいにしておくことが高く売るポイントです。

染み付いた臭いは、減点の対象になります。

臭いを取り除くにはプロのベッドクリーニングに任せるのが一番ですが、費用の面から考えて難しいことがあります。

マットレスに扇風機などを使って風を送るだけでも違いますので試してみましょう。

また最後に気をつけるのが湿気です。

湿気も評価を下げる要因になることがあります。

可能な限り日干しをして、湿気を溜め込まないように気をつけます。

マットレスを買取りしてもらえない場合は?

マットレス 買取してもらえない

いくつか買取業者をあたっても、買い取ってもらえなかったベットマットレスは、

処分する他ありません。

粗大ごみとして出すか不用品回収業者に回収してもらうかのどちらかを選択することになるでしょう。

マットレスを無料でどうしても処分したい場合

マットレス 処分 無料

費用ゼロで処分したいなら、自分でマットレスを解体し、家庭用ゴミに出すことです。

金属カッターやハサミがあれば、大きなベットマットレスの解体も可能になります。

マットレスにはコイルやスプリングなどの金属やウレタンなど違う材質のものが使われているので、

仕分けして出せるように細かく分けていきます。

場合によっては時間がかかるかもしれませんが、費用をかけずにできる処分方法と覚えておいて損はありません。

マットレス以外にも処分する場合は

マットレス 以外 処分方法

他にも不用品がある場合は、不用品回収業者がおすすめです。

無料で不良品を回収してくれる業者もいるので、うまく行けば費用をかけずに、

不用品を処分することは可能です。

ただし無料と言っておきながら、後で料金を請求されたという例も多く報告されていることから、

利用には慎重になったほうが良いでしょう。

不用品回収業者を選ぶ時は、複数の候補を立て、比較検討していくことが無難です。

見積もりをしっかり出してくれるかどうか、作業内容は明確かどうか、安すぎないかどうか、

一般廃棄物運搬収集運搬業の許可を得ているかどうかなどがチェックポイントになります。

おすすめの業者を知りたい場合はぜひ弊社にご連絡ください。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事