処分の方法と費用

靴を捨てるときはいつ?その処分方法おすすめ3選を紹介!(2020年最新版)

靴を捨てるときはいつ?その処分方法おすすめ3選を紹介!(2020年最新版)

靴を捨てる時(タイミング)はルールが大切

あなたは気がついたら靴箱がいっぱい!なんて経験をしたことはありませんか?

日頃は2、3足を履いていて何年も履いていない靴があったりいらない靴がたくさんあると思います。

いらない靴がたまってしまうのは、靴を捨てるタイミングがわからなく逃してしまっているからです。

なので、「一足買ったら、どれか一足は処分する」というようなルールや「こうなったら捨てる」といった基準を自分の中で決めておくと、玄関先や靴箱がすっきりと片付くようになります。

靴を捨てる時1.1年以上履いていない

靴 処分方法 1年履いていない靴

気に入って買った靴も中には、履いていると足が痛くなることや、服に合わせにくい靴など長期間その靴を履かなかった理由が必ずあるはずです。

そういった靴は「1年」履く事がなかった場合、処分を考えましょう。

1年も吐かなかった靴は、この先も履くことはないと考えてもいいでしょう。

履かずにおいているだけで、スペースの無駄になるのは勿体無いです

靴を捨てる時2.穴が空いている

靴 処分方法 穴が空いた

靴底に穴があいたりしてしまうと、雨水がしみたり、砂が入ってきたりなど、いくら履き慣れた楽な靴でも不快に感じる時が来るでしょう。

そうなる前に、穴が空いているのを見つけると処分をするタイミングだといえます。

穴が空いた靴でも、場合によれば修理に出してまだまだ履けるものもあるかもしれません。

ですが、修理代が購入時の価格より高くつくような場合などには思い切って処分してしまいましょう。。

靴を捨てる時3.汚くなってしまった

靴 処分方法 汚くなる

靴は毎日履くものですから、どうしても汚れや破損が激しくなります。

雨風の日にも履くものですから、次第に色落ちや変色が起こってしまいます。

汚れが目立っていても、履き心地を重視してしまうと他所から見れば「汚い靴」「だらしない」といった印象を持たれます。

なので、汚れが酷いものは処分や買い替えを考えましょう。

靴を捨てる(処分)方法5選

靴 処分方法 5選

靴を捨てる(処分)方法として下記の5つがおすすめです。

  1. 買取業者に依頼する
  2. リサイクルする
  3. ゴミとして出す
  4. 知り合いに寄付する
  5. 不用品回収業者に依頼する

この5つの方法があります。

これから一つづつ、詳しく紹介していきたいと思うので、是非参考にしてみてください。

靴を捨てる(処分)方法1.買取業者に依頼する

靴 処分方法 買取業者

靴を買取業者に買い取ってもらう方法があります。

まだ新しい靴を処分したい人は、買取業者への売却がおすすめです

買取業者を利用する場合は、特に人気のブランド品なら高く買取をしてくれる可能性があります。

ファッションブランドの靴でも、状態がいいものであれば一足500円程度で買取してもらえる可能性があります。

スニーカーやシューズの買取価格は、高値は期待できませんが、もし処分を考えている方は、ぜひ一度無料査定に出してみましょう。

靴を捨てる際に買取金額を上げるコツ3つ

買取業者を利用する際は、せっかくなので買取価格をあげたいですよね。

その、靴を売却するときのコツを3つ紹介していきたいと思います。

  1. 購入時の「靴の箱」「保証書」を一緒に持っていく
  2. 靴のデザインなどが、古くなる前に履かなくなったタイミングですぐに持っていく
  3. 買取査定に出す前に、自分で落とせる汚れなどはとって綺麗な状態にして持っていく

これら、3つのことは心がけているだけで買取価格は全然変わってきます。

また、後々靴を売ることを考えているときは、靴を買った時に箱などをすぐに捨てるのではなく、必ずおいておくようにしましょう。

靴を捨てる(処分)方法2.リサイクルする

靴 処分方法 リサイクル

処分する靴を下取りし、リサイクルしてくれるサービスがあります。

量販店では下取りに出すと割引券や、下取りした靴と引き換えに購入商品の値引きしてくれるサービスがあるので、新し靴の購入を考えている方にはお得な方法かもしれません。

このサービスは、店舗によって違いますが、一回で下取りに出せるのが何足というのが決まっているので、事前に店舗へ確認しておきましょう。

また、スリッパやルームシューズなどは対象外になっているところもあるので注意してください。

ただ処分するだけでなく、気になる方は一度下取りに出してみるのもいいと思います。

靴を捨てる(処分)方法3.ゴミとして出す

靴 処分方法 ごみ

靴を「一般ゴミ」として出して処分する方法があります。

この方法は、誰でも試しやすい方法になります。

ゴミは、指定日・指定場所に袋にまとめて出すだけなのですごく簡単な処分方法になります。

各自治体や靴の種類によっては、「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」などの分類も違うので事前に電話などで問い合わせて確認しておきましょう。

みなさんお住いの、各自治体のルールーをしっかりと守って、正しい処分方法で処分しましょう。

出典:家庭ごみ分別サイト

靴を燃えるゴミに分類されています

靴はだいたいの地域では「燃えるゴミ」としてゴミに出せます。

多くの自治体では、靴は「燃えるゴミ」として分類されているのです。

ですが靴の中には、靴紐に金属が付いていたりするので、そういった場合はできる限りの分別をするようにしましょう。

靴は靴でも、特殊な靴(スパイクシューズ)などは不燃ゴミになるので気をつけましょう。

分別が難しかったり、わからない場合は一度、お住まいの市区町村へ問い合わせをしてみるのがいいでしょう。

靴を捨てる(処分)方法4.知り合いに寄付する

靴 処分方法 譲る

まだ綺麗な靴なので、身近な人に使ってもらえたら安心だとという場合は、友人や知り合いに譲る方法もあります。

特に子供の靴は、成長が早いので成長に合わせて頻繁に靴を買わないといけません。

なのでそんなに、汚れることなく綺麗なまま要らなくなるケースが多いと思います。

そういった靴はお子さんのいるご家庭だと、譲ってもらえることはすごく嬉しいことだと思います。

そういった方が身近にいる場合は、一度聞いてみるのもいいかもしれません。

靴を捨てる(処分)方法5.不用品回収業者に依頼する

靴 処分方法 不用品回収業者

大量に処分したい靴が出た場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

家まですべて回収しに来てくれるうえ、他の不用品もまとめて一気に処分してくれるので、手間なく簡単に処分できるオススメの方法です。

量が大量となると、ゴミとして捨てるにも回収場所まで持ち込むのだけで一苦労です。

時間がない方や、忙しい方、簡単に外に出れない方にはすごく便利な方法です。

ですが、不用品回収業者の中には「悪徳業者」も存在するので業者選びには十分に注意しましょう。

靴の捨て方 地域別

靴 処分方法 地域別

靴の捨て方には、各地域・各自治体によってルールなども違ってきます。

なので、お住いの地域の捨て方を事前に知って、ルールを守って処分するのが大切です。

これからいくつかの地域の捨て方を、紹介していきたいと思います。

靴の捨て方 渋谷区

渋谷区の場合は、靴は「可燃ゴミ」として扱われます。

靴は資源として拠点回収しているので、各会場まで袋に入れて持って行きましょう。

出典:渋谷区

靴の捨て方 杉並区

杉並区の場合、靴は週2回収集の「燃えるごみ」として出します。

袋の中身が見える、「透明」や「半透明のゴミ袋」か「指定の黄色いゴミ袋」に入れてゴミに出しましょう。

出典:杉並区

靴の捨て方 大阪市

大阪市の場合は、靴は週2回収集の「普通ごみ」として出します。

袋は、中身の見える「透明」か「半透明のゴミ袋」に入れて出しましょう。

出典:大阪市

靴の捨て方 名古屋市

名古屋市の場合は、靴は週2回収集の「燃えるごみ」として出します。

袋は、名古屋市の自治体「指定のごみ袋」を使用しゴミに出しましょう。

出典:名古屋市

靴の捨て方 横浜市

横浜市の場合は、靴は週2回収集の「燃えるごみ」として出します。

袋は、中身の見える「透明」か「半透明のゴミ袋」に入れてゴミに出しましょう。

出典:横浜市

靴を捨てるタイミングを理解し、早めに処分を!

靴 処分方法 早めに処分

靴は処分するタイミングを理解しておかないと中々処分できないものです。

なので、処分するタイミングや自分の中で、ルールを決めておくとタイミングを逃すことなく、処分がしやすいでしょう。

靴を処分するタイミングが来た時は、すぐに処分し靴箱がいっぱいにならないようにする事で、いつも玄関先・下駄箱が片付きスッキリします。

靴の処分方法でわからないこと、気になることがある場合や、オススメの業者を知りたい方は、ぜひ一度弊社にお電話ください。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事