遺品整理お役立ちコラム

衣類の遺品整理方法とは?

衣類の遺品整理方法とは?

「衣類の遺品整理方法とは?」「遺品でもある衣類を捨てられない時の対処法は?」など気になりませんか?故人の遺品として衣類が出てきた場合、どのようにして処分をするのが正解なのかわからない人も多いかと思います。

衣類の遺品整理を行う際には、お気に入り以外を処分するのが一般的です。どうしても処分できない衣類に関しては、葬儀にて服を故人に着せたり家族や親族に譲るなどの対処法もあります。

本記事では、遺品として残った衣類の正しい整理方法について詳しく解説していきます。衣類の処分先や処分できない時の対処法もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

衣類の遺品整理はお気に入り以外処分することが一般的

遺品として残った衣類の整理を進める際には、お気に入り以外は全て処分するのが一般的です。必要最低限の衣類だけを残し、他は処分するという考えを受け入れる必要があります。

故人が着ていた服でもあるため、処分するのに抵抗を持つこともあるでしょう。しかし、衣類を含めた遺品の整理は故人への想いを整理する行為でもあります。

前向きに生きるきっかけを作るためにも、どのようにして処分するのか事前に家族と話し合って決めることが大切です。

衣類の遺品整理前に確認すること

衣類の遺品整理を進める前に、以下のポイントを確認しておきましょう。

  • エンディングノートや遺言書を確認
  • 衣類の処分について親族と相談
  • 衣類のポケットを確認
  • 誤って同居人の衣類が故人の衣類に分類されていないか確認

それぞれ詳しく解説します。

エンディングノートや遺言書を確認

衣類の遺品整理を進める際には、かならずエンディングノートや遺言書がないか確認しましょう。エンディングノートや遺言書には、故人の意向が書かれているケースが多いです。

例えば、「残された衣類は友達に渡してほしい」「衣類は全て処分してほしい」などと書かれている場合もあります。また、衣類だけでなく遺品全般の処分方法について詳しく記しているケースもあるため、事前にチェックしておくことが大切です。

衣類の処分について親族と相談

衣類をどうやって処分するかは、親族と相談してから決めるようにしましょう。親族によっては、衣類を譲り受けるという約束を故人としている場合もあります。

もし勝手に処分をしてしまうと、親族トラブルに発展する可能性もあるため注意が必要です。形見分けとして衣類を残すか処分するかは、遺族だけでなく親族も交えて決めるようにしましょう。

衣類のポケットを確認

遺品として残った衣類を整理する際には、ポケットの中身もチェックしておきましょう。衣類のポケットの中には、貴重品やお金などが入ったままになっているケースが多いです。

もし大切な遺品などが入ったまま処分をしてしまうと、後々相続トラブルに発展する恐れもあります。また、葬儀後に必要な手続きで使う重要書類など遺品整理において捨ててはいけないものなどがポケットに入っているケースもあるため、かならず確認しましょう。

誤って同居人の衣類が故人の衣類に分類されていないか確認

衣類の遺品整理を進める際には、故人が使っていた衣類かどうかをしっかりと確認しておきましょう。同居人の衣類が故人の衣類に混ざっているケースも多く、誤って処分してしまうという事例は非常に多いです。

衣類によっては男性ものと女性ものの見分けがつきにくいものもあるため、衣類の写真を撮影しながら分類しましょう。写真であれば思い出として残せるだけでなく、誤りがないかの確認もとれます。

遺品整理で衣類を分類する方法

遺品整理で衣類の分類をする場合、以下の方法にて仕分けをしていきましょう。

  • 思い出として残す衣類を決める
  • 処分する衣類を決める
  • 処分に悩む衣類は保留する

それぞれ詳しく解説します。

思い出として残す衣類を決める

まず、思い出として残す衣類を決めていきましょう。残すべき衣類には以下の特徴があります。

  • 価値が高くて売却できるもの
  • 形見分けを予定しているもの
  • 手元に残しておきたいもの

価値が高い衣類は売却できる可能性もあるため、処分せずに残しておくと良いでしょう。また、遺品として残った衣類を親族や知人などに形見分けする方法もあります。

処分して後悔しないためにも、事前に仕分けをしておくことが大切です。

処分する衣類を決める

残すべき衣類が決まったら、次に処分する衣類を決めていきましょう。処分すべき衣類の特徴をまとめると、以下の通りです。

  • 服が汚れているもの
  • 穴が空いているもの
  • 劣化しているもの
  • 今後着ることがないもの
  • 下着類

大切な遺品として残しがちな衣類ですが、すべてを残してしまうと部屋の整理が進みません。遺品整理は故人への想いを整理する行為でもあるため、本当に必要だと思うもの以外は処分するようにしましょう。

処分に悩む衣類は保留する

処分すべきか悩む衣類については、一旦保留にしましょう。故人が常に愛用していた衣類は、なかなか処分に踏み切れないものです。

今すぐに処分する必要もないため、一旦保留にしておき数ヶ月後に再度処分するかを決めるのが得策です。今は処分すべきか判断に困っていても、時間をおけば考え方が変わる可能性もあります。

 

遺品整理にて思い出のある衣類の残し方

思い出として残した衣類は、以下の方法にて大切に保管するようにしましょう。

  • 写真を撮る
  • 仕立て直しをする
  • 新しいものにリメイクする

衣類の写真を撮って思い出として残しておけば、捨てる決心がつきやすくなります。また、スーツや着物などの衣類は専門のお店で仕立て直しをすれば着用も可能です。

他にも、故人の衣類を活用して新しいものにリメイクする事例もあります。小物類やぬいぐるみなどに作り替えれば、故人を思い出すきっかけにもなるでしょう。

遺品整理時の衣類の処分先

遺品整理にて仕分けをした衣類を捨てたいとなった場合、以下の方法にて処分をしましょう。

  • 遺品整理業者へ買取・処分を依頼
  • お住まいの市区町村のルールに従い一般ごみとして処分
  • リサイクルショップにて買取を依頼
  • ネットオークション・フリマアプリへ出品

それぞれ詳しく解説します。

遺品整理業者へ買取・処分を依頼

衣類以外の遺品も処分していく予定なら、遺品整理業者へ買取や処分の依頼を検討しましょう。遺品整理業者は遺品の回収・処分を一括で行ってくれるため、スムーズな片付けが期待できます。

さらに、遺品整理業者によっては買取も同時に行ってくれるため、支払い料金の足しにすることも可能です。貴重品だけでなく高価な衣類は買取の対象にもなるため、事前見積もりの際に買取が可能か確認を取ると良いでしょう。

お住まいの市区町村のルールに従い一般ごみとして処分

衣類の量が少ない場合、一般ごみとして処分しても問題ありません。衣類は資源ごみとして扱われるため、指定のゴミ袋に入れればそのまま処分することも可能です。

ただし、住んでいる地域によって処分方法は異なります。市区町村のルールに従って、正しく処分をしていきましょう。

リサイクルショップにて買取を依頼

遺品として残った衣類を少しでもお金に変えたい場合、リサイクルショップへの持ち込みを検討しましょう。リサイクルショップであれば、衣類の買取を実施してくれます。

ただし、衣類1着ごとに査定をしてくれるお店だけでなく、重さで買取金額を決めるお店もあるため注意が必要です。

ネットオークション・フリマアプリへ出品

ネットオークションやフリマアプリへ出品して、衣類を売却する方法もあります。自分で値段設定ができるため、リサイクルショップよりも高値で売却できる可能性が高いです。

ただし、「出品するまでに手間がかかる」「買い手が見つからない」といったデメリットもあります。そのため、写真の取り方や記載の仕方などに工夫を凝らすことが大切です。

故人の衣類を捨てられない人におすすめの対処法

故人の大切な衣類を捨てられない場合は、以下の方法にて対処するようにしましょう。

  • 葬儀で故人に着せてあげる
  • 家族や親族に譲る
  • 寄付する
  • 遺品整理業者に処分してもらう

それぞれ詳しく解説します。

葬儀で故人に着せてあげる

地域の風習や宗教によって変わりますが、遺品として残った衣類は葬儀で故人に着せることも可能です。葬儀会社にお願いをすれば、直接衣類を着せてくれる場合もあります。

ただし、着物といった分厚い衣類に関しては制限される場合もあるため注意が必要です。また、着せるのではなく棺に入れて一緒に火葬する方法もあります。

棺の中に入れる遺品の数には限りがあるため、枚数を絞って入れるようにしましょう。

家族や親族に譲る

故人が残した衣類が必要ないか、家族や親族にも確認してみましょう。故人と関係性が深い間柄であれば、遺品として残った衣類を快く受け取ってくれる可能性があります。

故人の大切な遺品でもある衣類を処分せずに済むため、罪悪感を感じることもありません。家族や親族であれば手間もかからないため、スムーズな受け渡しが可能です。

寄付する

遺品として残した衣類は再利用できるため、寄付することも可能です。発展途上国や団体や国内の貧困家庭に対する支援活動を行っている団体は、衣類の寄付を求めています。

さらに、団体によっては洋服や古着以外にも、毛布やタオルといった日用品の寄付も一緒に受け付けているケースが多いです。そのため、衣類以外の遺品で処分に困っているものがあれば、一緒に寄付できるか確認すると良いでしょう。

遺品整理業者に処分してもらう

衣類の処分に困った際には、遺品整理業者に依頼をする方法も検討しましょう。遺品整理業者によっては神社やお寺と提携していて、遺品の供養を一括で行ってくれます。

遺品の供養を行ってから処分をしてくれるため、罪悪感を感じることもありません。ただし、業者によっては供養をしていない場合もあるため、事前に確認を取るようにしましょう。

おすすめの遺品整理業者

ライターなどの不用品回収の優良業者を探している場合は?

東京だけでも100を超える業者がありますので、その中から良い業者を探すことは難しいです。

もしあなたが優良な業者に依頼を考えているのであれば、フルサポート関東がオススメです!

  • 見積もりの内訳をしっかりと出してくれる
  • 今まで依頼された方の満足度が高い
  • 不用品の買い取りも行っている

メインエリアは東京、埼玉、千葉となっておりますので、もしそのエリアにお住まいの場合は下記より無料のお問い合わせをしてみてください!

関連タグ

関連記事