害虫駆除について

ゴキブリ対策には『ハッカ油』!効果が薄れた場合の解決策もご紹介(2020年最新版)

ゴキブリ対策には『ハッカ油』!効果が薄れた場合の解決策もご紹介(2020年最新版)

はじめに

ゴキブリを家の中で見かけると、すぐに対策したくなります。

しかし、対策をする前にはきちんと侵入経路などを考慮した上で対策をしなくては、またすぐにゴキブリが侵入してしまうことになります。

今回は

  • ゴキブリの5つの侵入経路
  • ゴキブリの対策としてハッカ油が効果大
  • ゴキブリ用『ハッカ油』を使う場所3選

についてこの記事で紹介をしていきたいと思います。

では最初にゴキブリがどこから侵入してくるのかにその5つの侵入経路ついて説明します。

ゴキブリの5つの侵入経路

ゴキブリ駆除 侵入経路

侵入経路は簡単に答えると隙間から侵入してきます。

  • 玄関
  • 排水溝
  • 郵送物
  • 換気扇
  • ベランダ

この5つが主な侵入経路となっています。

成虫であれば5mm以上の隙間、幼虫であれば0.5mmの隙間があれば侵入してしまいます。

ゴキブリの侵入経路1.玄関

ゴキブリ対策 玄関

侵入経路の1つになるのが、玄関です。

玄関が開いていても、しまっていても侵入してきます。

引き戸でも外開きの玄関であったとしても構造上5mm以上の隙間はあるため、そこから侵入してきます。

また、郵便受けが一体になっている玄関も、郵便物がはみ出したりしているとその隙間から侵入する場合があります。

ゴキブリの侵入経路2.排水口

ゴキブリ対策 排水溝

排水溝も侵入経路となります。水を頻繁に流していても上がってきます。

排水管の全面に水が落ちてくるわけではないため、水が流れていない乾いた部分からゴキブリは侵入します。

大量の水を流せば全面に水は流れますが、短時間では水が流れている間、排水管につかまって耐えて上がってくるのです。

洗面所や台所、風呂場、トイレなどの排水管を侵入経路にするだけではなく、巣にもなりやすい場所ですので注意が必要です。

ゴキブリの侵入経路3.郵送物

ゴキブリ対策 郵送物

意外に盲点となるのが、郵送物の隙間です。

普段は閉じている玄関のポストですが、郵送物を処理していなかったりしていると隙間ができてしまい、その隙間から侵入してきます。

また、郵送物の段ボールなどにくっついてくるというケースもあります。

一般家庭では神経質になる必要はないですが、外に置きっぱなしにしている段ボールや発泡スチロールなどにくっついている場合もあるため注意します。

ゴキブリの侵入経路4.換気扇

ゴキブリ対策 換気扇

換気扇も要注意のポイントです。

昔ながらの紐を引っ張って隙間が開いてプロペラを回して喚起するタイプは、

作動中は問題ありませんが、作動していないときに閉じている開口部分の隙間から入ってきてしまう可能性があります。

ゴキブリの侵入経路5.ベランダ

ゴキブリ対策 ベランダ

ベランダも侵入されやすい部分です。ゴキブリは4〜5階程度の高さであれば難なく飛んできてしまいます。

飛んできたらベランダに着地して、窓から侵入してきます。

思ったよりも高く飛ぶためマンションだからといって、油断はできないのです。

ゴキブリの対策としてハッカ油が効果大

ゴキブリ対策 ハッカ油

そんなゴキブリ対策として天然ハーブは害虫駆除剤として昔から利用されてきましたが、大学の研究でも有効性が証明されています。

効果の高いものは多くのゴキブリが忌避剤から遠ざかろうとする行動が見られ、特に効果的なものとして、ハッカ油が注目されています。

ゴキブリを撃退する『ハッカ油』の作り方

ハッカ油の作り方としてはハッカ油20滴、水90ml、無水エタノール10mlを用意します。

ハッカ油と無水エタノールを混ぜ合わせたら、水を加えて混ぜていきます。混ぜたらスプレー容器に入れて、出てきそうな部分に吹きかけておきます。

スプレー容器がない場合には、ハッカ油と水を混ぜ合わせて拭き掃除するの有効です。

ゴキブリ用のハッカ油を使う場所3選

ゴキブリにはハッカ油

ハッカ油を使う場合には、よく見かけることの多い台所は侵入経路になりやすいシンク回りに吹きかけます。

特に3つの場所を挙げるとするならば

  • キッチン
  • 玄関
  • ゴミ箱

になります。

ゴミ箱も現れやすい場所ですので、スプレーしておくと安心です。

また、侵入経路になりやすい玄関にも掃除や外出ついでにスプレーすることで寄せ付けない効果を発揮します。

出典:キンチョー

ゴキブリ用ハッカ油の効果が薄れた場合の解決策

ゴキブリ対策 ハッカ油 効果

効果が薄れた場合には

  • 原液で使う
  • 1週間以内に使う
  • アロマやハーブを使う

色々な解決策があります。

ハッカ油の使い方1.原液で使う

ゴキブリ対策 ハッカ油 原液

効果が薄いと感じた場合には、原液を使ってみるのも効果的です。

小皿に数滴ハッカ油の原液を入れて、ゴキブリの通り道や隙間に置いておきます。

ただし、忌避性はありますが殺虫性はないということを理解することが重要となります。

ハッカ油の使い方2.1週間以内に使う

ゴキブリ対策 ハッカ油 1週間

濃度に気をつけているのに効果がないという場合には、スプレーが古い可能性があります。

使用期限は一般的に7〜10日程度とされています。

時間が経てばそれだけ効果が薄れてしまうため、なるべく早く1週間以内に使い切ることが大切です。

ハッカ油にゴキブリを撃退する効果はない

ハッカ油は基本的に天然精油は忌避効果しかありません。

効果の持続性もないので、それだけで害虫を撃退しようとしても無理だと思います。また、たとえ薬剤で退治・アロマで撃退できたとしても、環境を変えないといくらでも入ってきますし、繁殖されてしまいます。

出典:ヤフー

ですのでハッカ油はもちろんですが、ゴキブリが発生しない環境づくりを心がけましょう。

ハッカ油の使い方3.アロマやハーブを使う

ゴキブリ対策 ハッカ油 アロマハーブ

ハッカで効果が見られなという場合には、他のアロマやハーブを使うのも有効です。

アロマオイルには色々な種類があり、特にシナモンとクローブが効果的です。

他にもスペアミントやユーカリなども強い効果があります。

また、ハーブはセリ科のセロリやクミンなどが良いとされています。他にもレモングラスやミントも効果的です。

ゴキブリ用のハッカ油は使い続けましょう

ゴキブリ対策 ハッカ油 使う

侵入させないためには、こまめにスプレーを行って寄せ付けないことが重要です。

窓を開ける前や出かけるとき、掃除の時などに行うことによって完全に全ての侵入を防ぐことは無理でも、極力寄せ付けないことができます。

ハッカ油を購入する場合は?

ゴキブリ ハッカ油

出典:アース製薬

アース製薬では「天然ハーブのごきぶりよけ」という商品が販売されています。

食器周りにも使えるのでオススメです。

もし、ご自身で作るのが難しい場合はこちらを活用してみてください。

ゴキブリ対策をプロに任せたい場合は?

ゴキブリ対策 プロに任せる

しかし、自分だけで駆除するときに難しいときには、ゴキブリ駆除業者に依頼することをおすすめします。

もしオススメの業者を知りたい場合は弊社にご連絡ください。

下記よりご連絡ください。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事