処分の方法と費用

【最新版】モバイルバッテリーの処分・廃棄方法はこの3つ!燃えるゴミではありません

【最新版】モバイルバッテリーの処分・廃棄方法はこの3つ!燃えるゴミではありません

はじめに

モバイルバッテリーは今や非常に多くの電子機器、電化製品で使われています。

日常的に使われているもので、乾電池以外の電池はほぼこれに該当すると思ってもらって良いでしょう。

モバイルというのは持ち運び可能というような意味で、この意味では乾電池も当てはまるのですが、

一般的にはスマートホンやデジタルカメラなどの機器で用いられており、充電して再利用することが可能な電池類を指します。

実は電気自動車や電動自転車でも使われています。

最近ではスマホを充電するモバイルバッテリーが有名ですよね?

このモバイルバッテリーは充電して再利用が可能とは言っても充電回数には限りがあり、充電しても利用可能時間が短くなってきたり、機器を取り換えたりするともう用済みになってしまうことがあると思います。

今回はそのモバイルバッテリーの処分・廃棄方法についてお伝えします。

モバイルバッテリーは燃えるゴミで処分不可能

モバイルバッテリー 燃えるゴミ

見た目でも判断できると思いますが、モバイルバッテリーは燃えるゴミでは処分できません。

乾電池でもそうですが、電池は燃えるものではないからです。

ですが、かと言って燃えないゴミとして自治体で処分できるかというとそれもまた当てはまらないことが多いのが現状です。

というのも、下手に取り扱うと発火や爆発の危険性があるためで、回収に手間がかかることから自治体では敬遠されることが多いのです。

モバイルバッテリーを処分・廃棄する前に

処分・廃棄の前にバッテリーの種類や状態を知っておきましょう。

最近ではリチウムイオン電池が主流ですが、中には

  • ニッケルカドミウム電池
  • ニッケル水素電池など

が使われていることもあります

処分方法によっては、電池の種類が重要になってくる場合もあるからです。

また、電池の状態というのは見た目で確認できる範囲でもちろん構いません。

異常に膨らんでいないかとか、シールが剥がれたり端子部分などに液漏れの跡がないかなどを確認し、異常があれば慎重に取り扱うようにしましょう。

落としたり、ぶつけたりするとそれこそ発火や爆発の可能性もあります。

モバイルバッテリーを処分・廃棄する方法3選

モバイルバッテリー 処分 方法

処分・廃棄の方法としては主に3つあります。

  • 一つは家電量販店で処分・廃棄する
  • 二つ目は携帯キャリア店舗で処分・廃棄する
  • 三つ目は回収業者に依頼する

です。

最初の2つに関しては、そのお店で取り扱いのある製品で使われているようなバッテリーであればまず依頼可能でしょう。

一般的な家電量販店ではありませんがオートバックスやイエローハットのようなお店でも種々の製品を扱っていますから依頼可能なことが多いです。

モバイルバッテリーを家電量販店で処分・廃棄する

モバイルバッテリー 家電量販店 処分

家電量販店で販売されているような電化製品にはモバイルバッテリーが使われていることも多いですから、企業の社会的責任の一環として、使われなくなった電池類の回収を行っていることが普通です。

基本的には自分自身で店頭まで持ち込む必要があり、郵送とか向こうから引き取りに来てくれるというようなことはありませんが、

別に大きなものでもありませんし一時的な保管に特に支障があるようなものでもありませんから、さほど問題になるようなことはないでしょう。

モバイルバッテリーを処分してくれるエディオンやビックカメラ

モバイルバッテリー エディオン ビックカメラ

例えばエディオンやビックカメラのような家電量販店では、店頭に電池の回収箱が設けられており、単にその中に入れることで処分してもらえます。

特に店員さんに伝える必要もありません。

ちょうど、スーパーで食品のトレイとか牛乳パックなどを回収しているところがあるのと似ています。

ただ、分別することが必要なこともありますから注意しましょう

電池とは全く無関係な他のゴミを入れてはいけないのはもちろんのこと、先ほど書いたように電池の種類によって別々の回収箱が用意されており、それぞれ分けて入れないといけないこともあるからです。

小型家電リサイクル➡エディオン

モバイルバッテリーを家電量販店で処分・廃棄する費用

モバイルバッテリー 処分 費用

このように家電量販店の店頭に回収箱が設けられていることからも分かるとおり、処分・廃棄に費用はかかりません。

ここに入れる限りは無料で引き取ってもらえます。

もちろん実際には回収したものがリサイクルされることで家電量販店側はおそらく何らかの収益はあるのでしょうが、

一方ではきちんとした分別などには手間ひまもかかるわけですし、消費者としては無料で引き取ってもらえるので非常に助かります。

モバイルバッテリーを携帯キャリア店舗で処分・廃棄する

モバイルバッテリー 携帯キャリア 処分

処分・廃棄の方法の2番目が携帯キャリア店舗で行うことです。

ただ、家電量販店が多種類の電化製品を取り扱っており、回収も回収箱を設置して幅広い種類の電池を対象にしている一方で、

携帯キャリア店舗では基本的に携帯電話やスマホで使われているバッテリーしか取り扱ってくれないことが多いです。

場合によってはそれこそ自社の機器に使われているものしか対象にしないということもあり、若干柔軟性に欠けるのではないかと思うこともあるでしょう。

モバイルバッテリーを携帯キャリア店舗で処分・廃棄する際の費用

家電量販店などと同じく、携帯キャリア店舗で処分・廃棄する際にも原則として費用はかかりません。

ただし回収箱を設置して自由に投入できるようなことはまずなく、店員に手渡しとなることが普通です。

そして、単にバッテリーの処分だけであっても携帯の申し込みや機種変更などと同じく番号札を取って待たなければならないシステムを取り入れていることがあり、時間がかかることもあるかもしれません。

もちろん店員と対面した際には単に処分だけでなく追加で別の商品を勧められたりするようなこともあるでしょうから、煩わしいと感じる人もいるでしょう。

モバイルバッテリーを回収業者に依頼し処分・廃棄する

モバイルバッテリー 回収業者 処分

最後の方法は回収業者に依頼して処分・廃棄する方法です。

一般的な家電やスマホなどに用いられているものであれば既に書いた2つの方法が手軽でしょうが、

ある程度以上の大型の機器に使われているバッテリーの場合、家電量販店などでも引き取りを断られることもあります。

要するに、設置した回収箱に入りきらないような大型のものは引き取らないという姿勢があったりするわけです。

このような場合は、不法投棄は論外ですから回収業者に依頼することが適切です。

モバイルバッテリーを回収業者に依頼する費用

さきほど挙げた例では処分・廃棄費用は基本的に無料でしたが、大型のバッテリーなどの場合は費用がかかることもあります。

リサイクルできてお金になる可能性がある一方で、もしリサイクル不可能であれば運搬費用だけでも相当にお金がかかることになる可能性もあります。

ただ、逆にリサイクル可能な場合は結構なお金になる可能性もあり、その場合には買い取ってもらえることもあります。

これはバッテリーの状態にもよるでしょう。

新品に近く、そのまま中古品として再利用できるようなものであれば十分にその可能性があります。

モバイルバッテリー以外にも買い取ってもらえる

モバイルバッテリー以外にも、関連する製品を買い取ってもらえることがあります。

最も分かりやすい例が、そのバッテリーの充電機器でしょう。

充電機器がないと再充電できませんから、そのまま再利用可能なくらいに新しいバッテリーを買い取ってもらう場合にはまず確実に充電機器とセットになっていることが求められるでしょう。

それ以外にも

  • 利用している機器そのもの
  • ケーブルやコード類

もセットで買い取ってもらえることがありますから、うっかりして捨ててしまわないように注意しておく必要があります。

モバイルバッテリーを買取対象にするためには?

モバイルバッテリー 買取 再利用

モバイルバッテリーを買取対象にするためには、先ほども少し書きましたが、やはりそのまま再利用できるくらいであることが最も大きな要素となります。

バッテリーに使われている金属などを分別回収してリサイクルするよりも、そのまま中古品として再利用できるほうが価値が高いためです。

そのためには

  • できるだけ年式が新しいものであること
  • 電池の容量がまだ十分に使い物になるレベルであること
  • 人気のある製品に使われていること

などが求められます。

これらの条件を満たしていれば、処分に費用がかかったり、引き取ってもらえても無料といった可能性は少なくなるでしょう。

モバイルバッテリー以外にも不用品を回収してもらう際は?

モバイルバッテリー 不用品 回収

モバイルバッテリー以外にも不用品を回収して欲しいというような際には、もちろん回収業者を当たることになりますが、

業者によって回収する製品の範囲が異なることもありますし、ある業者では無料引き取りがせいぜいだけれども、別の業者では買い取ってくれるということもあります。

価値を理解しているとか、中古品として販売するルートをしっかり持っている業者もあるわけです。

まずは弊社「遺品整理の窓口」にご連絡ください。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事