遺品整理お役立ちコラム

遺品整理とは?料金相場などは?

遺品整理とは?料金相場などは?

遺品整理という行為自体は誰かが亡くなった後に行うので昔からも行われていましたが、昨今ほど注目される言葉ではありませんでした。

遺品整理が昨今注目されている理由は、核家族化が進んで親や親戚との繋がりが希薄になっているという背景があります。

この記事では、遺品整理の料金相場やデジタル遺品の探し方・遺品整理を行うにあたり知っておいたほうが良いことをまとめていきます。

遺品整理とは

故人のお部屋の片付けを行い、形見や相続のために残しておくものと、不要なものとを仕分けて整理することを言います。

遺品整理は、「遺品 片付け」「遺産整理」「遺留品 整理」とも呼ばれています。

遺品整理が注目される前の時代では家族や親戚が一緒に若しくは近くに住んでいる事が多く、誰かが亡くなったとしても遺品整理は残った家族が行っていました。

しかしながら、現在の日本社会においては核家族化と単独世帯化が加速しており、今の日本の全世帯の約9割が単独世帯と核家族世帯となっています。

このような日本社会においては、家族や親戚が亡くなってしまった後の遺品整理を自分たちで行うことが非常に大変になってきています。

遺品整理が大変になってきている理由として以下の2点があります。

  1. 家族や親戚がお互いに遠くに住んでおり、一緒になって遺品整理ができない
  2. 賃貸に住んでいる人が多く、期日までに遺品整理をしなければいけない

部屋にある遺品の仕分けから処分までを自分一人で行おうとすれば、1部屋であっても、丸々3日は必要になります。

そこで、親戚や家族に協力を仰ぐわけですが、遠方にお互いが住んでいるとなかなか集まることが難しく、一緒に作業するのが困難になります。

また、最近は持ち家ではなく賃貸の家が多く、期日までに退去しなければならずスピードのある遺品整理が求められている背景も大きくあります。

そのため、遺品整理が注目されておりこれまで家族や親戚で行っていた遺品整理を、遺品整理業者に任せて行ってもらうという時代の流れの変化が、遺品整理にスポットライトが当たっている理由です。

遺品整理の窓口は遺品整理・不用品回収の相談の窓口となっています。ご紹介する遺品整理業者はお客様対応や作業の質が良いところのみになっています。

専門の相談員が対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

遺品整理の費用相場

遺品整理を業者に依頼する場合には下記の3つの項目が遺品整理の料金を決める際の大きな要因になります。

  • 人件費:遺品整理を行うスタッフの費用
  • 車両費:遺品整理で使用するトラックの費用
  • 片付け費:遺品整理で遺品を片付ける費用

一般的に遺品整理をする物量が増えれば増えるほど、遺品整理の料金は高くなっていきます。これは、遺品整理業者に依頼する場合でも、自分で遺品整理をする場合でも同様です。

こちらの記事で遺品整理の料金相場を載せていますのでご参照ください。

遺品回収業者と不用品回収業者どちらに依頼すべき?

 

遺品整理の買い取り

遺品整理を始めた方は最初に思い浮かぶことの一つです。

「この遺品の中にちょっとでも買取できるものがあるならば、ぜひ買取して欲しい!」と思ったら、遺品整理業者に依頼するのであれば遺品整理業者に、自分たちで遺品整理を行うのであれば買取屋さんに、相談してみましょう。

遺品整理で買取を行ってもらう場合、真っ先に注意するべきは相続に関してです。

買取ができる遺品があるということは、その遺品は換金価値があるということで相続の対象になるからです。

相続が無事済んでおり、自由に遺品を処理してよい状態であれば問題ないですが、そうではなくて相続の手続きが進行中なのであれば、遺品整理時の買取は控えた方が良いでしょう。

デジタル遺品の整理

デジタル遺品とは?

スマホやパソコンなどのデジタル機器に保存されたデータ、インターネット上に保存されているデータ・アカウントのことを指します。

デジタル遺品を自分で探すのはとても大変です。

放置するとトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高いため、無視することもできません。

デジタル遺品の探し方については以下の記事を参考にしてください。

遺品整理の際にデジタル遺品はどう探したらいい?

遺品整理と生前整理

亡くなった後に行う整理が遺品整理で、生きているうちから行う整理が生前整理となります。生前整理の場合、整理後も生活は続けることもあり、日用品をすべて整理することは少なく、部分的であることが一般的です。

生前整理を行っておくと亡くなった後の遺品整理をする量が減るので、生前整理は行っておいた方がよい活動である事は間違いありません。

生前整理は終活の一環として捉えられる事が多く、現在注目が集まっているのは事実ですが、実際に生前整理を行ったという方は多くはありません。

以下の記事で遺品整理と生前整理の違い、そのメリットについてまとめましたのでご参考ください。

遺品整理と生前整理の違いとは?生前整理のメリットとは?

おすすめの不用品回収・遺品整理業者

ライターなどの不用品回収の優良業者を探している場合は?

東京だけでも100を超える業者がありますので、その中から良い業者を探すことは難しいです。

もしあなたが優良な業者に依頼を考えているのであれば、フルサポート関東がオススメです!

  • 見積もりの内訳をしっかりと出してくれる
  • 今まで依頼された方の満足度が高い

メインエリアは東京、埼玉、千葉となっておりますので、もしそのエリアにお住まいの場合は下記より無料のお問い合わせをしてみてください!

また、不用品回収や遺品整理でお悩みのことや気になることがありましたら私たち「遺品整理の窓口」までお気軽にご相談ください。

関連記事