遺品整理お役立ちコラム

特殊清掃員の給料は月30万円程度?その壮絶な仕事内容となり方を教えます!

特殊清掃員の給料は月30万円程度?その壮絶な仕事内容となり方を教えます!

はじめに

世の中には様々なお仕事があります。

孤独死や自殺死によって決して綺麗とは言えない状態となったお部屋を現状復帰させるのが特殊清掃員というお仕事、遺体の存在の生々しい現場はただの汚れとは言えず精神的にも肉体的にもきついものです。

血液や体液は普通の洗剤では洗い流せませんから、専門の知識も必要になってきます。

特殊清掃員の収入(給料)は高すぎる訳ではない

誰もが嫌がるお仕事ですから、かなりの額をもらっているのではないかと思われそうですがそれも一昔前のことで決して高すぎる給料ではありません。

何しろ不況の時代、仕事は選んでいられないという方もたくさんいます。

全国的に業者の数も増加しいまや給料の相場は20万から35万円以上といったところで、他業種と比較して若干高いという程度なのです。

死臭というのは体に付いたら取れず、だからこそ毎回作業に使う服も靴も自費で購入しなければならない場合もあり、そういった出費を考えれば更に得しているとは言いがたいのです。

2008年頃までは給料が良かった?

特殊清掃員のお仕事が持てはやされていたのは2008年ごろまで、その当時の給料相場は50万から60万円以上ですから他業種の平均年収を大きく上回っています。まだまだ人数も少なく希少性があったからこそのこのお値段です。

高齢化社会が進む中、孤独死される方の数は年間3万人とも言われています。子供との同居率がどんどん下がっていく中でこの数は、まだまだ増えていくことでしょう。人が死んだ以上は誰かが後片付けをしなければならない、特殊清掃員のお仕事は無くてはならない存在です。

いつ無くなるかというか存在が発覚するかは分からず、深夜・早朝を問わず24時間営業のお仕事です。細菌に感染しないためにも夏のサウナ状態でも完全防備状態で、悪臭や害虫と戦いながら清掃するお仕事です。

特殊清掃員になるには資格がいる?

特殊清掃員になるのに必要な資格はありません。ビル清掃などと同じく、お掃除することがお仕事ですから死体を相手にするというのに我慢が出来るならば誰でも応募出来ます。

ただし、最終的には綺麗な状態にまで戻してそのお部屋の管理者に引き渡すのがお仕事ですから、汚れや臭いの消すための知識や豊富な経験があった方が良いでしょう。

衣類に付いてしまった血だって、ただ水を付けてこすっても落ちはしません。それ以上の量の結婚が畳や絨毯についていたりするのです。

高齢化社会の中、特殊清掃員の求人を行う業者は多くなりました。その中でも特に待遇が良い職場で働きたいと願うなら、やはり資格を持っているかどうかは大きなアピールポイントとなるでしょう。

遺品整理士と事件現場特殊清掃士という資格がオススメ

特殊清掃員に関係すると言えば、遺品整理士・事件現場特殊清掃士といった仕事がおすすめです。特に遺品整理士の方は文字通り遺品の整理に関わる資格なので、知識が役立つことは多いでしょう。

免許がいるもののぜひ取っておくことをおすすめします。事件現場特殊清掃士も現在日本に保持者は2000名程度だけ、いち早く取ることで注目してもらえることでしょう。

特殊清掃員5つの仕事内容

特殊清掃員 仕事内容

特殊清掃員のお仕事、主にこの5つを行っています。

  • 血液や体液・死臭の除去、死因や死後発見されるまでの期間・季節によってはかなりの物となっています。特殊な洗剤やブラシを使って出来るだけ取り除くものの、フローリングなどは張り替えたりベッドなど処分することもあります。
  • 害虫駆除、夏場だと2日から3日で冬でも1週間もあると腐敗が進みハエやゴキブリといった害虫が大量発生していることもあります。これらの駆除もまた特殊清掃員のお仕事なのです。
  • 悪臭除去、死臭だけでなく害虫が発する臭いやそのまま置かれていたゴミや食事が腐った物の臭いが集まって悪臭となっています。特殊清掃用に開発された強力な消臭剤・消毒剤を使用、仕上げとしてオゾン脱臭器も稼動させることもあります。
  • 遺品整理作業、部屋に残っていたものはすべてがゴミとは限らずリユースやリサイクルに流したり残したりと、分類をしてそれぞれに処理をするのです。
  • ご供養の手配、神棚や仏壇・位牌・人形や写真など故人の想いが込められたものが残されていることもあり、僧侶に供養してもらうのも仕事です。死に方はともかく、故人の冥福を祈りたいという気持ちを特殊清掃員達は常に心に持っているのです。

特殊清掃員の詳しい給与について

一昔前はお金を稼ぎたいという気持ちが強い方々が求人を見て応募して来るというのが特殊清掃員のお仕事でした。ですが、今は20から35万と決して高いとは言えません。

それでいて24時間対応の企業も増えておりそのお仕事は過酷なのです。毎回お仕事のたびに買い換える服や靴代もバカにはなりません。

特殊清掃員が超高時給ではない理由

24時間いつでも引き受けます、そんな業者も多くなったのはそれだけこの業界も競争が激しくなってきたからと言えます。今後、絶対に必要となるお仕事だけに全国的に業者の数が増加したのです。それでも求人に対してやる人が少ないのならば給与も上がるのですが、リストラされて・複数社の求人に応募するもどれも落ちてと何でも良いから仕事が欲しいと考えている人の数も多いです。その結果、給料は下がっていく一方です。

特殊清掃員は壮絶な匂いと戦う仕事

求人に惹かれてやってきた特殊作業員、最も辛いというのがグロテスクな光景以上に遺体から発せられる死臭だと言います。細菌対策の為にも完全防備でやっているにも関わらず髪の毛に・爪の隙間にと染み付いてしまいます。

どんなにお風呂で丁寧に洗っても洗濯機で何度もまわしても取れることはありません。

その為、仕事の合間にコンビニなどふらりと立ち寄ることも出来ません。一人暮らしなら未だしも、家族がいるなら彼らもまたそれに耐えなければならなくなるのできちんと理解が得られた上で求人に応募しないと、何とか稼ぎは得られるようになっても離婚の危機に直面することとなるかもしれないのです。

特殊清掃員の需要は今後さらに高まる

特殊清掃員の需要は、今後更に高まっていくことでしょう。お金は稼げてもグレーなお仕事に身をやつすのは嫌だというなら、求人を考えてみても良いかも知れません。ただし、世間には中々公表しづらいお仕事であることは確かです。たとえ毎回服を新しく変えるとしても、幻臭に悩まされる方もおりずっと続けていけるかどうかはやってみないと分からないでしょう。嬉しいことと言えば、お部屋を綺麗にした後に親族や大家さんに大変感謝されることです。それを励みに頑張っているという方が、もしかしたらあなたの周りにもいるのかもしれません。

特殊清掃員になるためのステップ

特殊清掃員 給料

特殊清掃員もきちんとしたお仕事の一つ、ハローワークや新聞折込の求人・インターネットといった一般的な求人媒体で見つけることが出来ます。

特別なコネクションがないと出来ない仕事では無いですし、資格もあった方が有利ということで誰でもなれます。ただし、軽トラックを自前で用意できる方の方が優遇される傾向にはあります。

最近、報道やテレビなどでも特殊清掃員のお仕事が取り上げられることも増えたためこのお仕事をやりたいという方が多くなっています。応募は普通に出来るものの、業務用の車が用意できる・資格を持っているといったプラスアルファがあったりやる気がアピール出来る方でないともしかしたら採用は見送られるかもしれません。

不況の今、なかなかこの業界だって厳しい世界となっているのです。とはいえ、何とか悪臭にも慣れることが出来るのであれば他の人と関わることなくただ黙々と清掃作業にいそしむだけですから、決して難しいお仕事ではありません。

以下の企業が特殊清掃員の求人を募集しています。

  • 東京都の会社です。普通免許以上所持者でやる気と体力があれば大丈夫、制服があるので個人の服を使用する必要はありません。
  • 千葉県にあります。20代から50代まで応募可能、正社員は経験能力により最高で月給50万円まで望めるのです。パート・アルバイトからの社員登用の可能性もあります。
  • 大阪府の会社です。日払いとなっているので、とにかくすぐにまとまったお金が欲しいという方にはピッタリです。

このように全国各地で特殊清掃員のお仕事はあり多くの人々が遺品整理と特殊清掃のプロとしてがんばっているのです。

正に縁の下の力持ち、彼らがいるからこそ凄惨だった現場も蘇えりまたきちんとしたお部屋として利用できるようになるのです。決して荒稼ぎが出来るわけではないものの、頑張りによって昇給が保証されている会社も多く日給で渡してもらえることもあります。

どんなお仕事でもいいから稼ぎたいという方、悪徳商売だと良くはありませんがこのお仕事なら人に感謝されることはあっても非難されることなど有りません。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事