処分の方法と費用

【パソコンの処分(廃棄)方法7選】無料で行う方法(2020年版)

【パソコンの処分(廃棄)方法7選】無料で行う方法(2020年版)

はじめに

パソコンをお持ちのご家庭は多いと思いますが、皆さんはパソコンの処分方法はご存知ですか?

知らない方や分からない方は多いのではないでしょうか。

実は不用品回収業者なら無料で処分してくれる事もあるんですよ。

そんなパソコンの処分方法を7つ紹介していくので是非、最後までしっかり読んで自分にあった処分方法を探して見てください。

パソコンの処分(廃棄)方法7選

パソコン 処分 7選

パソコンの処分(廃棄)方法として下記の7つがあります。

  • 不用品回収業者に依頼する
  • ケーズデンキ、ヨドバシ、エディオンで処分
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 自治体の回収ボックスを利用する
  • パソコンメーカーの回収サービス
  • ネットで売る
  • 中古買い取り店に持ち込む

このようにパソコンの処分(廃棄)方法として7つお伝えさせていただきしたが、

これから7つそれぞれの処分方法の中でどのようなメリット・デメリットがあるか、どのように進めて行くのか一つずつ詳しく紹介していきたいと思います。

パソコンの処分(廃棄)方法1.不用品回収業者に依頼する

パソコン 処分 不用品回収業者

不用品回収業者の中でもパソコンの引き取りに特化しているような、業者はリユース・リサイクルを利用し利益を得ているためパソコンを安心して引き取ってもらえる事ができます。

その中でも資格や免許を明記している業者にお願いするようにしましょう。

パソコンを無料で処分してもらえる

不用品回収業者は、どんなパソコンも無料で引き取ってくれます。

宅配回収や出張回収にも対応しているところがあるので、パソコンを持ち運ぶ必要がありません。

処分方法は手間なく、お金もかからないのですごく助かりますよね。

忙しい方や時間がない方には安心して処分できるので、是非オススメの方法です。

業者を見分けるポイントは家電リサイクル券を発行してくれるか

家電リサイクル券というのは2種類あります。

料金を支払うだけでいいものと、銀行や郵便局に行って自分で支払いを行わなければいけないものとがあります。

なので、引き取り側が家電リサイクル権を発行してくれる業者なのかを事前に確認しておきましょう。

パソコンの処分を不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

不用品回収業者に依頼するメリットは、どんなパソコンでも引き取ってもらえる上にその他の要らないものもまとめて処分してくれます。

ですが、同じ不用品業者でも比較する必要があります。

なるべく資格や免許を明記している業者にお願いしましょう。

おすすめの業者が知りたい場合は弊社にご連絡ください。

パソコンの処分(廃棄)方法2.ケーズデンキ、ヨドバシ、エディオンで処分

パソコン 処分 家電量販店

家電量販店でパソコンを買い替える時に、下取りサービスを利用して処分する方法があります。

手間はかからず、お金もかからないので賢い処分方法かもしれません。

どのぐらいの金額で下取りしてもらえるかは家電量販店によって違いますが、新しく買い換えるパソコンが割安で変えたりその時のキャンペーンなども受けられるのでお得です。

店舗によってはサービスなども変わってくるので事前に確認をしておきましょう。

家電量販店では回収業者よりも低い金額の可能性も

パソコン 処分 ケーズ電機

家電量販店では、引き取ってもらったお金をもらうのでわなく買い替え時のパソコンの割引になるだけなので、状態問わず下取り一律1000円のなんてところもあります。

その下取りサービスがパソコンにとって得なのかそう出ないのかを考えましょう。場合によれば回収業者の方が高い金額になることもあるので家電量販店と回収業者での比較をすることをオススメします。

なので事前に確認をしていきましょう。ケーズ電機ではパソコン本体を無料(0円)で回収してくれるのでお得です。

サイトはこちら➡ケーズ電機

パソコンの処分を家電量販店に依頼するメリット・デメリット

メリットは、下取りサービスを利用することで新しいパソコンをお得に手に入れられ不要なパソコンを処分できることです。

デメリットはパソコンの状態などによっても引き取り価格が変わったり、一律のところもあるので買取価格が思っていたより低い可能性もあります。また買取価格が購入時の割引になります。

パソコンの処分方法3.リサイクルショップに持ち込む

パソコン 処分 リサイクル

基本的には、どんなに古くてもパソコンが起動さえすれば買い取ってくれます。

買い取り値段は安い場合もありますが、不要で起動するパソコンがあれば一度問い合わせて確認してみてもいいと思います。

パソコンの処分(廃棄)方法4.自治体の回収ボックスを利用する

パソコン 処分 回収ボックス

全国には、平成25年からパソコンなどを処分できる回収ボックスが設置されるようになりました。

回収ボックスに入れたパソコンは自治体が処分してくれます。

パソコンがそのままの状態でリユースされる事はありませんが、念のために回収ボックスに入れる前には自分でデータ消去を必ずして不安が残らないようにしておきましょう。

パソコンの処分に関して市町村に問い合わせることも可能

「小型家電リサイクル回収ポータルサイト」というサイトから、問い合わせることができます。

使わなくなった小型家電を、どこでリサイクル回収できるか、お住まいの市町村の回収品目や回収方法が簡単に検索できるので正しいリサイクル方法で処分することができます。

世田谷区の場合

メーカによる回収と宅配業者による回収を行なっています。

メーカーによる回収の場合、PCリサイクルマークがあるものは回収再資源化料金はかかりません。

宅配業者の場合は、回収の品目にパソコンがある場合は1箱分の回収料金が無料になります。

サイトはこちら➡世田谷区公式サイト

渋谷区の場合

メーカの回収を行っています。

受付窓口で申し込み料金を支払うとエコゆうパック伝票が届くので、郵便局に持ち込み回収を依頼します。

パソコンはリサイクル施設に運ばれ再資源化されます。

(PCリサイクルマークがついたものは料金は発生しません。)

サイトはこちら➡渋谷区公式サイト

大田区の場合

大田区の場合は、メーカー等にリサイクルが義務付けられているため区では回収を行っていません。

なので廃棄するパソコンのメーカーの受付窓口へ問い合わせが必要になってきます。

サイトはこちら➡大田区公式サイト

パソコンの処分(廃棄)で自治体のサービスを利用するメリット・デメリット

自治体のサービスを利用する上で、メリットは無料でパソコン以外にも小型家電を一緒に処分することができることです。

デメリットは、パソコンの種類によっては処分できない場合もあるので事前に確認が必要です。

データ消去も自己責任なので、消去しておきましょう。

無料分で処分してもらえるので近くに回収ボックスがある場合は確認、データ消去さえしておけば処分するには便利ですね。

パソコンの処分(廃棄)方法5.パソコンメーカーの回収サービス

パソコン 処分 パソコンメーカー

不要になったパソコンは、他社のメーカーのパソコンは回収できませんが資源有効利用促進法があるため製造したメーカーがパソコンを回収する義務があります。

PCリサイクルマークが貼ってあるパソコンは無料で回収してくれます。

データ消去も個人情報保護のため行ってくれますが、事前に自分で消去しておくと安心です。

パソコンの処分 流れ

メーカーによって多少の流れは違いますが、大体下記の通りです。

  • 1.メーカの窓口に問い合わせ申し込む
  • 2.PCリサイクルマークがない場合は回収資源化料金を支払う
  • 3.メーカーから、エコゆうパック伝票が届きます
  • 4.不要になったパソコンを梱包し伝票を貼ります
  • 5.持ち込み、または回収してもらい発送してもらいます

これで処分完了になります。

PCリサイクルマークがある場合は料金は発生しないので、事前に確認しておきましょう。

パソコンの処分(廃棄)方法でパソコンメーカーを利用するメリット・デメリット

メーカに依頼する上でのメリットはデスクトップやモニタ一型パソコンなど複数の種類のパソコンの処分が可能な事。

デメリットは、パソコン1品にごとに申請が必要な事。

PCリサイクルマークがない場合、料金も発生してくるので事前確認が必要です。

パソコンの処分(廃棄)方法6.ネットで売る

パソコン 処分 ネット売る

オークションやフリマアプリなどで売却する方法です。

中古買取店で買い取ってもらうよりも、さらに高値で買い取ってもらえる可能性があります。

ですがデータを消去出来なかった場合、悪意のある第三者にパソコンが渡ると悪用されることもあるので十分に気をつけなければなりません。

自己責任があるので、自分で完全に抹消できるか不安な方にはおすすめしません。

パソコンをメルカリで売る

パソコン 処分 メルカリ

出典:メルカリ

パソコンをメルカリで売ることも可能です。

メルカリであれば数万円で売却できることもあります。

ただ売れないこともありますのでお手軽な方法を選ぶのであれば業者に依頼して、回収してもらうことをおすすめします。

パソコンの処分(廃棄)でネットを利用するメリット・デメリット

ネットを利用するメリットはオークションやフリマアプリで必要としている方に譲る事で高値で売却できる可能性もあり、簡単に処分できる事です。

メリットとしては、どんな人にわたるのかもわからないのでデータを完全に消さなければ復元させて利用されたり情報が漏れるなどの危険があるので注意が十分に必要です。

パソコンの処分(廃棄)方法7.中古買い取り店に持ち込む

パソコン 処分 中古買取店

中古品販売店では、パソコン買取をしてくれます。

中古販売店に持ち込み、買取してもらう場合はパソコン専門買取ではないので買取価格が低くなる事もありますが、状態が良ければ価格も高くなります。

パソコンが高価で買取される可能性も

パソコンが高値で買い取りされる査定基準として下記の3つがあります。

  • 未使用であるか
  • 付属品があるか
  • 説明書があるか

中古販売店は商品の買取後、お店で販売するのを目的に商品を買取ます。

なので販売することを考えた上で買取金額が決められます。

買取後、3つの条件に全て当てはまっている場合は高価買取してもらえる可能性が高くなります。

はじめについている付属品も丁寧に保存しておくと、買取に出すときに金額が高くなります。

パソコンの処分(廃棄)で中古買取店に持ち込むメリット・デメリット

中古買取店に持ち込む場合、メリットとして状態のいいパソコンで付属品や説明書などが揃っている場合は高価買取をしてもらえることです。

メリットは、どんなパソコンでも買い取っている訳ではないので買取価格がつかないこともあります。

パソコンの処分(廃棄)を行う上で注意点

パソコン 処分 注意点

パソコンをどんな形で処分するにも、注意点があります。

  • まずデータが漏洩すること
  • 法令違反になる可能性があること

この2点に注意して処分しなければなりません。

パソコンの処分(廃棄)を行う上で注意点1.データが漏洩する

パソコン 処分 データ漏洩

パソコンにはアカウント情報やクレジットカード情報など様々な個人情報残されています。

そのまま、捨ててしまうと悪用される危険がとても危険です。

また、完全にデータを消去するには実はそんなに簡単ではないのです。

専用の復元ソフトを使えば消去したはずのデータを取り出すことができるので、専用のソフトウェアを用いて消去したり、

電磁消去方法を利用してみたり、ハードディスクを壊してしまうなどして確実にデータを消去しましょう。

また自分で消去するのに不安な方は、専門業者に依頼すると確実に消去してくれるので安心です。

「データの消去に関してはあくまでユーザーの責任である。」と一般社団法人 電子情報技術産業協会にも記載されております。

致命的な問題が起こらないようにしっかりと徹底して対策を行いましょう。

サイトはこちら➡一般社団法人 電子情報技術産業協会

パソコンの処分(廃棄)を行う上で注意点2.法令違反になる可能性がある

パソコン 処分 法令違反

資源有効利用促進法は法律で、循環型社会を目指し、リデュース・リユース・リサイクルの取り組みを推進するために作られました。

パソコンはメーカーによるパソコンの回収が義務付けられています。

デスクトップ本体、ノートパソコン、モニタ一体型パソコン、液晶ディスプレイなどがリサイクル対象になっています。

必ず法律に従って正しい処分方法で処分をしましょう。

パソコンの処分(廃棄)の前に行うデータの移行方法3ステップ

パソコン 処分 3ステップ

パソコンのデータの移行方法として下記の3つがあります。

  • 転送ツール
  • 手動バックアップ
  • 専門家のサービス

この3つの方法を一つずつ紹介していきます。

自分にあった移行方法を考えてみてください。

パソコンの処分(廃棄)の前に行うデータの移行方法1.転送ツール

Windowsのパソコンには基本搭載されているWindows転送ツールというのがあります。

今使っているパソコンから新しいパソコンへデータを移行することができるツールです。

移行する手順については、ウィザード形式で手順を教えてくれます。

移行し、引き継げる内容はユーザーアカウント、音楽・ビデオ・写真、エクセルやワードなどのドキュメント、などその他がありますので確認してみてください。

大半はWindows転送ツールを使って移行できるみたいです。

パソコンの処分(廃棄)の前に行うデータ移行方法2.手動バックアップ

パソコン 処分 バックアップ

外付けのハードディスクやUSBメモリなどを使って手動でバックアップを取り、新しいパソコンに移行する方法です。

こちらは移行したいデータだけを自分で選択して移行できます。

なので移行する際にデータの整理もできます。

古いパソコンのデータをUSBにコピーし、そのUSBを新しいパソコンに差し込んでデータの移行を行います。

パソコンの処分(廃棄)の前に行うデータの移行方法3.専門家のサービス

パソコン 処分 専門家依頼

お金はかかる方法になりますが、専門店に依頼する事で確実な移行ができる方法です。

あまり、パソコンの知識がなくてやり方が分からない方や不安な方にはオススメの方法です。

また電源のつかないパソコンのデータの移行もしてもらえます。

データ移行作業以外にもパソコントブルや分からない事がある場合は素早く対処してくれるので安心です。

パソコンの処分(廃棄)方法について分からないことがある場合は

パソコン 処分 分からない事がある場合

パソコンの処分(廃棄)方法について紹介させていただきました。

分からないこと、気になることがある場合は是非一度、弊社にご連絡ください。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事