処分の方法と費用

【金庫の処分方法5選を徹底解説!】注意点についても(2020年最新版)

【金庫の処分方法5選を徹底解説!】注意点についても(2020年最新版)

はじめに

現在では銀行の低金利のため、自宅の金庫でお金を保管するという方が増えています。

お金だけでなく重要な書類を保管するのに使う場合もあるでしょう。

そんな金庫の処分方法を紹介して行くので最後まで読んで参考にして見てください。

金庫の寿命は20年ほど

金庫 処分 寿命

金庫は一生使えると思っている方も多いと思いますが、実は金庫にも寿命があります。

耐火金庫の場合、素材に気泡コンクリートという水分が含まれたコンクリートが使われています。

 火災が起きるとこの水分が気化熱を発し金庫内の温度上昇を防ぐことで、中身を守ってくれます。

ですが20年程度で自然に気化してしまうので、耐火金庫の場合20年程度が目安です。

金庫の処分方法5選

金庫 処分方法 5選

金庫の処分方法として下記の5つがあります。

  • 専門業者に依頼する
  • 購入した店舗で引き取ってもらう
  • 友人に譲る
  • 売却する
  • 不用品回収業者に依頼する

これらの5つに関して詳しく紹介していきます。

粗大ゴミとしては基本的に処分できない

金庫 処分方法 粗大ゴミ

金庫は不燃ごみや粗大ごみでは基本的に処分することはできません。

どの自治体も適正処理困難物として耐火用金庫などを指定しています。

ですが、自治体によっては手提げ金庫など一部の金庫をごみで回収している場合もあります。

金庫の処分方法1.専門業者に依頼する

金庫 処分方法 専門業者

金庫のトラブルを専門に扱っている専門業者に相談してみましょう。

金庫の引取りを行っているだけでなく、鍵をなくしてしまったり番号を忘れてしまった金庫を開けてもらってそのまま引き取ってもらう事が可能です。

金庫の処分方法2.購入した店舗で引き取ってもらう

金庫 処分方法 引き取り

金庫を購入した店舗を覚えている場合は、その店舗に引き取ってもらうことが一番です。

家電製品なども同じで、基本的に購入した店舗なら無料で引き取ってくれる事があります。

新しく金庫の購入を考えている場合は、購入先の店舗に引き取ってもらえないか交渉してみるのもいいです。

金庫の処分方法3.友人に譲る

金庫 処分方法 友人に譲る

自分にとって不要になった金庫だったとしても、もしかしたら周りに必要としている方がいるかもしれません。

その方にとってもありがたい話なので、一度周りの友人などに聞いて引き取ってくれる方を探してみるのもいいかもしれませんね。

お互いにとって不利のない方法なので、処分するには一番簡単な方法かもしれません。

金庫の処分方法4.売却する

金庫 処分方法 売却

金庫が壊れてなくて、寿命でもないものは売却し処分する事ができます。

金庫を売却する方法として

  • オークションで売却する方法
  • 買取専門業者に売却する方法

この2つがあります。

金庫の処分方法5.不用品回収業者に依頼する

金庫 処分 不用品回収業者

不用品回収業者は自宅まで来て運び出しも行ってくれるので手間が少なく処分できます。

また、金庫以外にも処分したいものをまとめて処分してくれるのですごく助かります。

時間がない方や忙しい方にはオススメの方法です。

金庫を処分する上での注意点3つ

金庫 処分方法 注意点

金庫を処分する時に注意点が下記の3つあります。

  • サイズを図る
  • できる限り綺麗にする
  • 見積もりを複数とる

これら3つの注意点をしっかり確認しておくことで正しく処分できます。

3つの注意点を詳しく紹介していくので確認しておきましょう。

金庫を処分する上での注意点1.サイズを図る

金庫 処分方法 サイズ

金庫を処分する時の費用はサイズと重さによって決まることが多いので、通常の流れでは依頼した業者が直接金庫のサイズと重さをはかって料金を計算します。

なのであらかじめはかっておくと、ネットで料金を掲載している業者は簡単な見積もりを自ら取ることができるので便利です。

しれに悪徳な業者にだまされる危険が減ります。

金庫を処分する上での注意点2.できる限り綺麗にする

金庫 処分方法 綺麗にする

買取業者を利用する時は、金庫を清掃をして綺麗にしておく必要があります。

そうすることで買取額が高くなります。

 オークションやフリマアプリの場合は、金庫の状態を明示す必要があります。

じゃないとトラブルにつながることもあります。

なのでできる限り綺麗な状態にしましょう。

金庫を処分する上での注意点3.見積もりを複数とる

金庫 処分方法 複数の見積もり

不用品回収業者に依頼する時は、金庫の具体的な回収費用の相場が分かりにくいので複数の業者に依頼をし比較することをオススメします。

それによって相場も把握できます。

さらに怪しい業者をはじくことができるので安心です。

金庫の処分方法5選まとめ

金庫 処分方法 まとめ

金庫の処分方法として5つ紹介させていただきました。

皆さん、自分にあった処分方法を見つけ正しく処分しましょう。

また金庫以外にも処分したいものがある場合、オススメの業者が知りたい方は是非、一度弊社にご連絡ください。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事