処分の方法と費用

【ヘルメットの処分方法を厳選6つ紹介!】寿命は3年ほどです(2022年最新版)

【ヘルメットの処分方法を厳選6つ紹介!】寿命は3年ほどです(2022年最新版)

ヘルメットの処分方法は状況によって変わる

現代ではバイクのヘルメット着用はもちろん、仕事でのヘルメット着用や、最近はお子さんの自転車でもヘルメットの着用が推進されていますよね。

そんな日常で必要になってくるヘルメットですが、実際に処分する際にヘルメットの状況によっては、様々な処分方法があり変わってくるのです。

ヘルメットの寿命だったり、使用しなくなった時の処分の方法を、状況によって処分方法を紹介して行きたいと思います。

最後まで読んで参考にして見てください。

期限切れのヘルメットは事故につながる

ヘルメットは、本来頭を守るために作られています。

ですが使用期限切れのヘルメットは、衝撃吸収ライナーの部分が潰れたり、へこんでしまったり劣化していきます。

すると、衝撃をモロに受けてしまったり、ヘルメットがずれやすくなります。

こういったことから、使用期限切れのヘルメットを使用していると、ちょっとした衝撃でも大きなヒビへと繋がり、頭部や首、顔にまで怪我をすることがあります。

ヘルメットの役割を果たすどころか、逆に思わぬ事故につながることもあって、大変危険なので使用期限切れのヘルメットの着用使用はやめ、使用期限をしっかりと把握しておきましょう。

ヘルメットの処分方法1.不用品回収業者に出す

ヘルメットの処分方法1.不用品回収業者に出す

寿命が過ぎているヘルメットは処分するしかないのですが、その際に他に家電や家具など処分したい不用品がある場合は、不用品の回収業者にまとめて依頼するのをおすすめします。

どんな不用品もまとめて回収し、処分してくれますし、自治体のごみの回収日を待つ必要がないのですぐに処分ができます。

手間もかからないので、時間のない方や忙しい方にはオススメの処分方法になります。

気になる方は、一度見積依頼をして見てもいいかもしれません。

ヘルメットだけでなく他の不用品処分も関東でお考えの場合は?

ヘルメットだけでなく他の不用品処分も関東でお考えの場合は?

ヘルメットだけでなく他にも不用品の処分をご自身で行うことが難しい。そう言った場合には優良な業者に依頼されることをオススメします。

東京だけでも100を超える業者がありますので、その中から良い業者を探すことは難しいです。

もしあなたが優良な業者に依頼を考えているのであれば、フルサポート関東がオススメです!

  • 見積もりの内訳をしっかりと出してくれる
  • 今まで依頼された方の満足度が高い
  • 不用品の見積もりを0円でしてくれる

と言った条件を満たしており、口コミ評価では5点中4.94点と非常に高い評価を得ていますのでぜひチェックしてみてください!

不用品回収業者オススメ🔽https://fullsupport-k.com/

優良な不用品回収業者の公式サイトをみる

ヘルメットの処分方法2.ヘルメット工場会に出す

皆さんは、日本ヘルメット工業会という工業会団体をご存知でしょうか?

この団体はヘルメットのリサイクル事業を立ち上げています。

加盟販売店や業者が下取りしたヘルメットをまとめて回収することでリサイクルを行っています。

この団体は循環型社会形成基本法の趣旨に沿って、ヘルメットの産業廃棄物の排出を抑制し、熱エネルギー資源として建設材料への利用を心がけています。

そうすることで社会的責任を果たすことに努力しています。

どちらかといえば、個人向けではなく法人向けにはなりますが、こういった取り組みが行われていることを知っておくことも大事です。

参考:日本ヘルメット工業会

ヘルメットの処分方法3.買取専門店に出す

ヘルメットを購入してから3年以内の場合や、事情があって未使用のヘルメットなどは売却することができます。

中でもバイク用品を取り扱っているお店や、買取専門店は査定もしっかりしているのでおすすめです。

限定モデルなど希少価値の高いヘルメットもあるので、高値で売れることもあります。

ですが注意する点もあり、ヘルメットは一度衝撃を受けると使えないので売却もできません。

見た目外側が無傷でも、専門家には見破られてしまいます。

買取に出す前に一度確認しておきましょう。

ヘルメットの処分方法4.バイク用品店で下取りしてもらう

ヘルメットの処分方法4.バイク用品店で下取りしてもらう

もし、ヘルメットを新規購入しようとしたときは、ヘルメットの下取りを行ってくれるバイク用品店があります。

大した値段はつかないかもしれませんが、ヘルメット自体相当劣化が激しくない限りは値段をつけて引き取ってくれるでしょう。

新しいヘルメットを購入するときに少しでも安くなると考えれば、処分の手間も省けてお得に感じますね。

下取りに出すときは、購入するヘルメットのメーカーと同じである必要があったり、店舗によって下取り可能なメーカーが決まっていたりと条件がある場合があるので事前に確認はしっかりとしておきましょう。

ヘルメットの処分方法5.ネットに出品する

ヘルメットの処分方法として、ネットショップに出す方法もあります。

こちらも、ヘルメットを必要としている人に譲るわけですから一度衝撃があるものや、外傷があるものはこの方法はオススメしません。

ネットショップは、自分で価格もきめれますし高値がつくこともあります。

また、自分のタイミングで売りに出すことができるので気楽に出品できます。

商品説明欄には、なるべく詳細を詳しくお伝えするようにし、理解して引き取ってもらえるようにしておきましょう。

ヘルメットの処分方法6.寄付する

一つの処分方法として友人に譲ったり、海外に寄付したりする方法もあります。

ほとんどのケースで大事な項目にってきますが、耐久年数を超えたヘルメットや事故にあい一度衝撃を受けたヘルメットなどを譲るのはいけません。

これからバイクに乗る人にとっては、、中古で購入するのは耐久性や衛生面で不安があるでしょう。

ですが友人から譲ってもらうことで安心なのです。

渡すほうも簡単に処分ができてお互いにとってメリットになります。

また海外では、車よりもバイクが重要な交通手段となっている国が多いのですが、ヘルメットの普及率が低いのです。

現代はワールドギフトなどヘルメットの寄付を行っている団体が多くなってきています。

ヘルメットの耐年年数は約3年

ヘルメットの耐年年数は約3年

日本安全帽工業会では、ヘルメットの耐用年数は使い始めてから3年ほどです。

熱硬化性樹脂製の工事ヘルメットの耐用年数は使い始めてから5年後が目安となっています。

しかし、工事ヘルメットに取り付けてあるヘッドバンドやあご紐などの着装体に関しては消耗が激しいので、使い始めてから1年ほどの耐用年数になっています。

ヘルメットの内装に関しても、1年ほどが交換を目安にしています。

耐用年数というものに関しては、ヘルメットの使用頻度や、気温や天気の問題、保管の仕方や、使い方などで、そのヘルメットの耐用年数が変わってくることがあります。

参考:保護帽の耐用年数

ヘルメットの処分 千葉県

ヘルメットの処分は千葉市では、自治体でのヘルメットのゴミ収集を行っておりませんので気をつけましょう。

千葉市にお住いの方は、業者依頼をお願いするか、買取専門店へ持って行くなど、ゴミ収集以外での処分方法で正しく処分してください。

ヘルメットの処分 京都

京都市では、不要になったヘルメットをごみとして出す場合はご家庭の大型ごみ・不用品として回収してもらえるみたいです。

業者に依頼するなど、時間がない方には、ごみ収集日に不要になったヘルメットを指定場所へ持ち込むだけで簡単に処分できるので便利だと思います。

京都市お住いの方は知っておくといいでしょう。

出典:京都市ゴミ

ヘルメットの処分 横浜

横浜市では、不要になったヘルメットは燃えないごみではなく、燃やすごみとして扱い処分を行っているみたいです。

このように地域によっても、処分部類が違ったり処分方法が違ったりとするので、事前にお住いの地域の処分方法をしっかりと確認して、自分にあった処分方法で正しく不要になったヘルメットを処分しましょう。

出典:横浜市資源環境局

【ヘルメットの処分方法を厳選6つ紹介!】寿命は3年ほどです(2022年最新版)まとめ

【ヘルメットの処分方法を厳選6つ紹介!】寿命は3年ほどです(2022年最新版)

ヘルメットの処分方法について、厳選6つを一通りご紹介させていただきました。

ヘルメットは大切な頭を守るもので、そのヘルメットの役目がなくなってしまうと不要になります。

不要になったヘルメットは、使い続けるのではなく、正しい処分・自分にあった処分方法で処分しましょう。

ほかにも家にある不用品を回収して欲しい場合は評判の高いフルサポート関東に一度無料のご相談をしてみてください!

優良な不用品回収業者の公式サイトをみる

関連タグ

関連記事