処分の方法と費用

【こけしの処分方法・捨て方3選】供養を行い正しく処分する仕方(2020年最新版)

【こけしの処分方法・捨て方3選】供養を行い正しく処分する仕方(2020年最新版)

はじめに

こけしを飾っているご家庭や箪笥にこけしが眠っているというご家庭は多いものです。

子供の頃にお土産でもらったものをそのまま保有しているという人は少なくありません。

ですが、引っ越しや家財整理のために処分したいと考えるようになることもあるはずです。

そのようなときは供養を行ったり正しい方法で処分したりすることができるようにしてください。

こけしの処分方法・捨て方3選

こけし 処分方法 捨て方

こけしの処分方法は主に3つに分けることができます。

誰かに譲る、業者に回収や買取を依頼する、神社やお寺に奉納することの3つが主流です。

手放したいと考えるときには、これらの方法から自分に適したものを選択すると良いでしょう。

こけしを処分する前に知っておきたいこと

こけし 処分 知っておきたい事

処分して家をすっきりさせたいと考えている人もいると思いますが、

こけしを処分する前にはいくつかのことを知っておく必要があります。

お土産などでいただくことが多いですが、これは縁起物でありコレクターアイテムとしても人気が高いです。

ご家庭に飾っている場合はただの置物になっていることが多いですが、

地方によっては様々な意味を込めて飾られたり、人によっては珍しいこけしを集めていたりします。

特に伝統こけしと呼ばれるいくつかの地域で制作されたものは人気が高いので、

捨てずに売るか寄付することがおすすめです。

こけしは縁起物です

こけしは縁起物であることをご存知でしょうか?

さらに、だるまをかたどったこけしだるまというものもあり、これも縁起ものだと言うことができます。

縁起物をそのまま廃棄してしまうことは良くないとされているので、

不用品として捨てるのではなく必要としている人や施設に譲ったりお寺や神社で奉納したりすることが大切です。

こけしの処分方法1.お寺や神社に奉納する

だるま 処分 奉納

誰かに譲るのではなく処分したいのであれば、お寺や神社に奉納することがおすすめです。

自分が所有していたものが人の手にわたることに対して抵抗がある人もいると思いますが、

その場合はお寺や神社に奉納するようにしてください。

お寺や神社で然るべき供養を行ってから処分されるので、安心して処分を任せることができるはずです。

こけしを供養してくれるお寺⇨倉留寺

自分で供養することも可能

お寺や神社に足を運ぶことがどうしても難しい場合は自分で供養することもできます。

こけしをそのままゴミ袋に入れて捨てることはおすすめできませんが、

白い綺麗な紙に包んで「今までありがとうございました」と感謝の気持ちをあらわしてから処分すると良いです。

こけしを供養祭にて供養する事も可能

こけし供養祭が行われているので、こういったイベントの際に供養してもらうこともできます。

頻繁に行われているわけではありませんが、

近くで行われる場合や足を運ぶことができる場合は供養祭を活用することがおすすめです。

こけしを御焚き上げで供養してもらう

御焚き上げで供養することは非常に多いですが、

これはこけしや人形1体1体に対して供養読経が行われたりお焼香を行うことができたりします。

具体的な御焚き上げ方法は様々ですが、しっかりと供養を行うことができる方法として人気が高いです。

近くで御焚き上げを行っている場合は、供養に参加することをおすすめします。

こけしを供養してもらうメリット・デメリット

こけしを供養してもらうことには、他の人の手にわたらせることなく適切に処分することができるというメリットがあります。

その一方で、時期や場所の関係で供養を行っていなければお寺や神社などの場所で供養してもらうことができないというデメリットもあります。

供養が近くで行われているなど、参加できるのであれば積極的に活用することがおすすめです。

だるまの処分方法2.寄付する

こけし 処分 寄付

寄付することも処分するためのひとつの方法だと言うことができます。

思い入れがあるけれど様々な事情でこけしを手放す必要があることもあるはずです。

そんなときには、インターネットやSNSで寄付先を探して寄付することがおすすめだと言えます。

お金にはなりませんが、大切なこけしを再び大切にしてくれる人のもとに届けることが可能です。

だるま市を利用してもいい

もしもお手持ちのこけしがこけしだるまであれば、だるま市を活用することもできるでしょう。

自分が所有していたものを御焚き上げしてもらうことができるので、

だるま市に参加できるのであればこのような場で処分することもおすすめです。

多くはお寺の境内で開催されますが、それ以外の場所でも開催しているケースがあるので近所で行われていないかチェックしてみてください。

こけしの処分方法3 .日本こけし館(宮城県)

こけし 処分 日本こけし館

宮城県にある日本こけし館では不要となってしまった中古のこけしや思い出が詰まったこけしを募集しています。

送料は自己負担ですが、ここに送ることで新たな家族を探してもらうことができるようです。

御焚き上げするよりも誰かにもらってほしいと考えるのであれば、このようなサービスを利用すると良いです。

こけし館自体に寄贈や展示することはできませんが、責任を持って新しいお家を探してくれるので安心して依頼することができます。

サイトはこちら⇨日本こけし館

こけしを買取ってもらうのは難しい

こけし 買取 難しい

残念ながらこけしを買い取ってもらうことは非常に難しいと言えます。

いくつかの地方で作られる伝統こけしであればコレクターの人が高い値段で買ってくれる可能性がありますが、

一般的にお土産で売られているような通常のこけしは値段がつかないことがほとんどです。

そのため、買い取ってもらうことは非常に難しいと考えておくべきだと言えます。

こけしをごみとして処分する選択も

御焚き上げを行ったり寄付したりすることが難しい場合もあるはずです。

引っ越しなどですぐに処分しなければならないときなどは、ゴミとして処分する選択も視野に入れなければなりません。

時間がなければ御焚き上げや寄付することは困難なので、地方自治体のルールに従ってゴミとして処分しましょう。

ただしその際はいい加減に捨ててしまうのではなく、これまでのお礼や感謝の気持ちをしっかりと伝えてから捨てるようにしてください。

こけしの処分手順

こけしの処分についておすすめの手順は、まずは寄付先を探すことです。

ほしい人があらわれなかった場合は御焚き上げしてもらうと良いでしょう。

それも難しいのであれば、自分で廃棄することができますが、

抵抗がある場合は不用品回収業者を利用することも便利です。

不用品回収業者を利用すれば、こけしの種類や状態によっては買い取ってもらえることがあるので、捨てられず売りに出されることもあります。

まずはほしいと言ってくれる人に寄付することが望ましいと言えますが、

それが難しいのであれば御焚き上げや業者に回収してもらうことも検討すると良いです。

こけし以外にも処分する場合は

こけし 処分 ごみ

特にこけし以外も処分したいと考える人には、不用品回収業者に引き取りをお願いすることがおすすめだと言えます。

不用品買取業者は多種多様なジャンルの不用品を買い取ったり引き取ったりしてくれるので便利です。

家財整理や引っ越しなどで持ち物を減らしたいのであれば、

他にも不用品が出てきますが不用品回収業者を利用すれば一気にあらゆる不用品を処分することができます。

東京などの関東地域だけでなく地方でも利用することができるので、とてもおすすめの方法だと言えるでしょう。

おすすめの業者を知りたい場合は弊社にご連絡ください!

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事