処分の方法と費用

【炊飯器の捨て方・処分方法7選】無料かつ効率的に捨てる方法を紹介!(2020年最新版)

【炊飯器の捨て方・処分方法7選】無料かつ効率的に捨てる方法を紹介!(2020年最新版)

はじめに

  • 「家族が減って大きな炊飯器を持て余している」という場合
  • 「古いものが壊れてしまった」などの理由

から炊飯器の処分を検討する人は少なくないはずですが、いざ処分しようとするとどうすれば良いのか分からない人が多いでしょう。

今回は炊飯器を効率良く捨てる方法を紹介するので、捨て方が分からなくて困っている人は参考にしてみてください。

炊飯器の捨て方・処分方法7選

炊飯器 捨て方 処分方法

炊飯器を処分する方法はいくつかありますが、処理費用を支払うのであればゴミ処分センターで処分することができます。

有料ではなく無料の方法でどうにかしたいと考えるのであれば、ほしい人に譲ったりネットや買取ショップなどで売ったりすることもできるはずです。

小型家電のリサイクルボックスを利用したり、サイズが小さなものであれば不燃ゴミとして捨てることができるケースもあったりするので、手持ちの炊飯器の状態と照らし合わせてベストな方法を選択してください。

炊飯器を処分するタイミングは?

炊飯器 処分 タイミング

炊飯器を処分するタイミングは主に3つあります。

  • 電源を入れても動かないとき
  • 炊けたごはんから変な臭いがするとき
  • 温度調整が上手くいかないとき

は新しいものに買い替えることを検討したほうが良いです。

完全に壊れていなければまだ使えると思うかもしれませんが、炊飯器は6年前後で部品の消耗などが理由で買い替えるべきだとされています。

購入してからある程度経過してごはんが上手に炊けないと感じるようになったら、処分することを検討するべきです。

炊飯器の捨て方・処分方法1.買取業者に依頼する

炊飯器 処分方法 買取業者

まずは買取業者に炊飯器の引き取りを依頼するという方法があります。

完全に壊れてしまった炊飯器や古すぎる炊飯器は引き取り不可の可能性がありますが、まだ状態が良い炊飯器であれば買い取ってもらうことができるはずです。

家族が少なくなって小さいものに買い替えたいときなどにこの方法を利用することがおすすめだと言えます。

炊飯器以外を処分する場合も

買取業者に依頼すれば炊飯器以外の家電や生活用品も買い取ってもらうことができます。

自宅まで来てくれることも多いので、自分で売りに行くことが難しいという人でも楽に処分することが可能です。

炊飯器以外にも様々なものに対応していることが多いので、他にも手放したいものがあるのであれば買取業者に連絡してみましょう。

炊飯器を買取業者に処分してもらうメリット・デメリット

この方法を利用すれば

  • 自分でお店などに持ち込む必要がない
  • 処分してもらえるだけではなくお金まで手に入る

というメリットがあります。しかしながら、買取業者の判断で引き取りが不可になってしまったり、業者によっては不当に安い価格で取引きが行われる可能性があったりするということに注意しておかなければなりません。

炊飯器の捨て方・処分方法2.リサイクルショップで売る

炊飯器 処分方法 リサイクルショップ

炊飯器はリサイクルショップで売ることもできるので、近くに対応してくれるショップがある場合はこの方法を検討することもおすすめです。

これも無料で処分することができる方法なので非常に便利だと言うことができます。

炊飯器をリサイクルショップで売るメリット・デメリット

リサイクルショップで売る場合は

  • 比較的新しい製品であれば高い値段で売ることができる可能性がある
  • 大手ショップであれば安心感がある
  • 簡単に利用することができる

というメリットがあるはずです。

一方で手放したい炊飯器に必ずしも値段がつくわけではない、近所にお店がなければ利用できない場合があるというデメリットも存在しています。

炊飯器の捨て方・処分方法3.ネットで売る

炊飯器 処分方法

出典:メルカリ

炊飯器はネットで売ることも可能です。

オークションサイトやフリマアプリなどを活用して売ることができるので、まだ使用できる炊飯器であればネットで売ってみることもおすすめだと言えます。

上記のようにメルカリで販売すると、上手くいけば思いもよらなかった高い値段で買ってもらえる場合もあるので、ネットでの売り方が分かる人には特におすすめの方法です。

炊飯器をジモティーで売る

炊飯器 捨て方

出典:ジモティーの検索結果

インターネットを利用すれば好きなタイミングで売ることができます。

時間があるときにスマートフォンやパソコンから出品すれば、あとは買いたい人があらわれるのを待つだけです。

好きなときに売ることができるので、リサイクルショップの営業時間に持ち込むことが難しい人なども自分の都合が良いときに利用することができます。

炊飯器をネットで売るメリット・デメリット

ネットで売れば思いもよらなかった値段で売ることができる可能性や、壊れているものでもほしい人がいることもあるというメリットがあるでしょう。

ただし、炊飯器は大きくて重いのである程度の値段で売らなければ送料で赤字になってしまう可能性があるというデメリットがあります。

炊飯器の捨て方・処分方法4.知り合いに渡す

炊飯器 捨て方 知り合い

友人や知人、近所に住む人などに譲るという方法で処分することもできます。

まだ新しいものや現役で使うことができるものであれば、喜んで受け取ってくれる人も多いはずです。

面倒な手続きなどが一切必要ないので、身近な場所に炊飯器をほしいと言っている人がいるのであれば、その人に譲ることを検討してみても良いでしょう。

炊飯器の処分を無料で行える

炊飯器を友人や知人などに譲るのであれば面倒な手続きだけでなく、処分費用も必要ありません。

ほしい人に渡すだけで処分が終了してしまうので、かなり簡単に炊飯器を手放すことが可能です。

捨てたり業者に回収してもらったりする場合は費用が必要になることもありますが、この方法であれば全く費用をかけることなく処分することができます。

炊飯器の処分を知り合いに渡すメリット・デメリット

炊飯器を知り合いに渡すことには

  • 相手も嬉しい
  • 勿体ないと感じることがない
  • 処分の費用が一切発生しない

などのメリットがありますが、状態が悪ければ要らないと言われる可能性もあります。

反対に状態が良くてもお金をもらえることを期待できないという問題もあるので、これらを考慮して譲るかどうか決めたほうが良いと言えるでしょう。

炊飯器の捨て方・処分方法5.ゴミに出す

炊飯器 処分 ゴミ

知らない人がかなり多いのですが、実は炊飯器は不燃ゴミとして処分することもできます。

サイズに規定はありますが、地方自治体のゴミ回収についての冊子やホームページを閲覧すればこの情報を知ることができるはずです。

無料で捨てることができるので、小型の動かない炊飯器はこの方法で捨ててしまうことがおすすめだと言えます。

今回は東京渋谷区のサイトを記載しておきます。

サイトはこちら⇨渋谷区ゴミ受付センター

炊飯器が30cm以内であれば不燃ごみとなる

炊飯器は30cm以内のサイズであれば不燃ゴミとして地方自治体で回収してもらうことが可能です。

いつも出している不燃ゴミと同じように袋などに入れて指定の場所に置いておくことで、ゴミ収集車で回収してもらえます。

サイズが30cm以内であれば飛揚をかけることなく捨てることができるので、動かないものや買い取ってもらえないようなものはこの方法がおすすめです。

炊飯器をゴミに出すメリット・デメリット

炊飯器を不燃ゴミに出すことには費用がかからず簡単に処分することができるというメリットがあります。

残念なことにサイズが30cmを超えてしまうものは、ゴミ収集所に出しておいたとしても回収してもらうことができない可能性があるので、大きさによっては回収されないことに注意しておかなければならないでしょう。

炊飯器の捨て方・処分方法6.小型家電のリサイクルボックスに入れる

炊飯器 リサイクルボックス

炊飯器などの家電製品には有効資源であるレアメタルや金属などが含まれているので、適切に処分すればこれらがリサイクルされることになります。

小型家電のリサイクルボックスがある場合は、ボックスに入れることで回収を完了させることが可能です。

炊飯器の処分を無料で行える

小型家電リサイクルボックスに炊飯器を入れて回収をお願いするのであれば、費用がかかるということはありません。

自分で持ち込む必要はありますが、粗大ゴミなどで捨てる場合は処分費用がかかることを考えると、とても便利なシステムだと言えます。

サイトはこちら⇨政府広報オンライン

炊飯器の処分を知り合いに渡すメリット・デメリット

リサイクルボックスを利用すれば有効資源をリサイクルすることができる、無料で炊飯器を処分することができるというメリットを感じることができるはずです。

地域によってはリサイクル用の回収ボックスが置いてなかったり、炊飯器のサイズによっては回収してもらえなかったりする可能性があることには注意しておく必要があります。

炊飯器の捨て方・処分方法7.処分センターに出す

炊飯器 捨て方 処分センター

ゴミ処分センターに出すことでも炊飯器を処分することが可能です。

直接ゴミ処分センターに持ち込むことができれば、比較的少ない費用で処分することができます。

車や徒歩で利用することができるような近い場所に処分センターがある場合は、直接持ち込んで処分の依頼を行うことを検討してみることがおすすめです。

炊飯器をゴミ処分センターで処分するメリット・デメリット

自分でゴミ処分センターに持ち込めば処分費用を抑えることができますし、炊飯器を確実に廃棄することができます。

動かない炊飯器でも引き取ってもらうことができるので、安心して利用できるはずです。

ただし、状態の良い炊飯器でも処分費用が必要、遠ければ持ち込むことができないなどのデメリットがあります。

炊飯器の処分・捨て方【地域別】

炊飯器 処分 品川

炊飯器を手放したいときには、お住いの地域によっても最適な捨て方が異なってきます。

それぞれの地域ごとにどのような処分方法がベストであるか知っておくことで、より効率良く炊飯器を手放すことができるはずです。

いくつかの地域でおすすめの処分例を紹介するので、炊飯器を処分したいと考えているときには参考にしてみてください。

炊飯器の処分・捨て方(品川区の場合)

品川区で動かない炊飯器がある場合は、不用品回収業者に依頼することがおすすめです。

品川区に住んでいる人のなかには普段車に乗らないという人も多いので、家まで取りに来てくれる回収業者が非常に便利だと言えます。

札幌から福岡まで広範囲を対応しているような大手の業者もあるので検討してみましょう。

炊飯器の処分・捨て方(杉並区の場合)

杉並区で不燃ゴミに出せない大きさでまだ動く炊飯器がある場合は、杉並区の買取業者依頼することがおすすめです。買取業者は家まで来てくれるケースも多いので、まだ状態が良い場合は査定を行ってもらうと良いでしょう。

炊飯器の処分・捨て方(大阪市の場合)

大阪市でまだ動く炊飯器を持っている場合はリサイクルショップに持ち込むことがおすすめです。

大阪市はリサイクルショップの数が多いので、車がなくても手に持てる大きさであれば自分で持ち込むことができます。

なかには壊れているものでも無料で処分してくれるケースがあるのでおすすめです。

炊飯器の処分・捨て方(横浜市の場合)

横浜市で炊飯器を処分する場合は回収業者に来てもらうことがおすすめだと言えます。

住んでいる場所によっては横浜市内でも捨てたり買い取ってもらったりすることが困難なことがあるので、家まで来てくれるように依頼する方法が便利です。

炊飯器の処分・捨て方にかかる費用まとめ

炊飯器 処分 費用

安ければ無料で回収、有料であれば数百円から数千円ほどで引き取ってもらうことができるケースが多いです。

選ぶ方法によって必要となる費用が大きく違ってくるので、最適な方法で処分することができるようにしてください。

炊飯器以外にも処分する場合は

もしも他にも処分したいものがあるのであれば、不用品回収業者に依頼することがおすすめです。

札幌や福岡、名古屋市や沖縄など幅広い地域でこの方法を利用することができるので、手軽にたくさんのものを処分したいと考えるのであれば、不用品回収業者に処分をお願いすると良いでしょう。

費用はかかってしまいますが色々なものを手放すとしても捨て方に困ってしまうことがありませんし、手間をかけずに処分することができます。

評判の良い業者を知りたい場合は弊社にお電話ください。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事