不用品回収お役立ちコラム

【無料?有料?】ソファの処分方法5選!費用相場(料金)についてもまとめました

【無料?有料?】ソファの処分方法5選!費用相場(料金)についてもまとめました

ソファを処分する方法は5つあります

ソファを処分する方法は5つあります。

その中でも大きく分けると有料の方法と無料の2つの方法があります。

ソファの状態次第で有料なのか無料なのかが変わりますが、すでに壊れてしまって使えない場合には処分する以外の手段はないため有料になってしまいます。

ある程度キレイなソファであれば買取してもらえる可能性が高いので無料どころか売ることができます。

キレイではなくとも、使えるソファであればリユース品として無料で再利用することも可能です。

このようにソファを処分する際にはソファの状態を把握して方法を選びましょう。

選んだ方法によって有料か無料かが変わるので、下記の文章で詳しく説明します。

ソファを処分するのに有料と無料の方法があります

ソファ 処分 無料

  • ソファを自治体に粗大ゴミとして出す場合
  • ニトリで不用品回収サービスを用いて処分する場合

は有料です。

しかしながら、回収業者に依頼した場合やリサイクルショップに依頼した場合、リユースサービスを利用した場合には無料になる可能性があります。

ソファの処分にお金をかけたくないのであれば、無料で引き取ってもらえる方法を検討したうえで有料の方法を検討してもよいでしょう。

無料で行うための優先順位はリサイクルショップに買取を依頼し買取不可であれば、リユースサービスを利用という手順を踏むと金額をやすく済ませることができます。

ソファを処分する方法1.自治体に出す

ソファ 処分方法 ゴミ

ソファを処分するために自治体に粗大ゴミで出すことは、最もわかりやすい処分方法です。

処分には費用がかかり、粗大ゴミ申し込み券を役所やコンビニエンスストアなどで別途購入する必要があるため、少し手間がかかります。

処分に関しては、住んでいる自治体ごとに分別の仕方が異なりますし、ソファのサイズによって費用相場も違います。

住んでいる市のホームページを確認することで、費用相場を把握することができます。

粗大ごみの出し方と申込方法➡調布市ホームページ

ソファを粗大ゴミとして処分する

粗大ゴミで出す場合には、住んでいる市や区の粗大ゴミ受付センターへ電話し、処分にかかる費用と品目を教えてもらいます。

  • 1.費用と品目を確認する
  • 2.市役所もしくは指定のスーパーマーケット、コンビニエンスストアにて、粗大ゴミ申し込み券を購入する
  • 3.収集日にシールを張って所定の場所に出す

この流れで問題ありません。

流れは最もシンプルな方法といえるでしょう。収集場所に粗大ゴミの収集者が入れない場合などは、市役所等に相談すれば対応してもらえるので問題はありません。

ソファを粗大ゴミとして処分するメリット・デメリット

ソファ 処分 メリットデメリット

自治体に粗大ゴミで出すメリットは、一連の流れが明確なことです。

回収業者に依頼した場合には、立ち合いが必要な場合もありますが、自治体で処分する場合には、所定の場所に出すだけです。

一方で、デメリットは費用がかかることと粗大ごゴミ申し込み券を別途購入する必要があるため少し煩わしいことがある点です。

加えて、定められた場所が自宅から遠い場合や、ソファが非常に重い場合には、女性だけの力で運ぶことが難しいのもデメリットの一つです。

自治体に粗大ゴミで出す場合には、メリットとデメリットを考慮して選んでください。

ソファを粗大ゴミとして処分した場合の費用

粗大ゴミを自治体に出す場合は、区分が異なるため、費用に差があります。

この粗大ゴミの区分と費用は住んでいる地域ごとに定められています。必ず、住んでいる地域のホームページなどで確認するようにしましょう。

ソファを処分する費用(大阪市の場合)

ソファ 処分 大阪

大阪府の粗大ゴミは、二区分に分けられていて、「一人がけ用」と「二人がけ用以上」です。

一人がけ用の場合には、費用が700円で二人掛け以上用の場合には、費用が1000円です。注意点は、事業活動に伴って出る粗大ゴミに関しては、手続き方法が異なることです。

粗大ゴミ処理手数料券は

  • ステッカー表示のあるコンビニエンスストア
  • 大阪市内の郵便局
  • 各環境事業センター

にて購入することができます。

手数料券は払い戻しができないので、必ず購入する前に区分を確認して購入しましょう。

サイトはコチラ➡大阪市粗大ごみ処理手数料一覧表

ソファを処分する費用(東京都新宿の場合)

ソファ 処分 東京

東京都新宿区で粗大ゴミを出す場合には、新宿区で定められた区分に対してA券(200円)とB券(300円)を費用に応じて購入する必要があります。

粗大ゴミの区分と費用は「一人がけ用(800円)」と「二人がけ用1,200円)」、「三人がけ用(2,000円)」と

「電動リクライニング付:一人がけ用(2,000円)」「電動リクライニング付:二人がけ用(2,800円)」と「ソファベッド(2,800円)」となっています。

粗大ゴミを出す場合には、インターネット上で申し込みを行い、金額に対する枚数分のシールを購入し張って所定の場所に当日の朝出すだけです。

サイトはコチラ➡新宿区 粗大ごみの処理手数料一覧

ソファを処分する費用(名古屋市の場合)

ソファ 処分費用 名古屋市

名古屋市の粗大ゴミ回収は、「いす」の区分にあたります。

一人がけ用の場合には、「いす(応接1人用」、二人がけ用以上の場合には、「いす(応接2人以上、L字セット含む)」に該当します。

費用は一人がけ用の場合500円で、二人がけ用以上の場合には、1,500円です。

申し込み方法は、粗大ゴミ受付センターへ電話する以外に、インターネット上で申し込むこともできます。インターネットで受付する際には、収集日の10日前に申し込みを行う必要があります。

また、申込内容の変更および取消は、インターネット上では行うことができないため、電話する必要があります。

サイトはコチラ➡名古屋市 粗大ごみ手数料のめやす

ソファを処分する方法2.回収業者に依頼する

ソファ 処分方法 回収業者

回収業者に依頼した場合には、無料で引き取りできる場合と有料になる場合があります。

どんな状態でも業者が引き取りにきてくれるため、所定の場所に出す必要もありません。

きれいなソファであれば、買取できるケースや無料買取をしてくれる場合もあります。

また、料金の一部を減額するような業者もあります。

費用は業者によって大きくことなるため、事前に見積もりを出してもらったほうがよいでしょう。

キレイなソファは無料で回収・買取してもらえる

キレイなソファの場合には、無料で回収もしくは買取できる場合もあります。

無料回収・買取の可否に関しては、回収業者へ見積もりを依頼する必要があります。

この見積もりでは

  • 搬出作業や出張費
  • スタッフの増員
  • 回収に必要な諸経費

をすべて計算することができます。

事前にいくつかの買取業者に見積もりを出してもらい、比較検討することも可能になります。

見積もりをだしたその日に即日回収ができる業者もあります。

ソファを回収業者で処分するメリット・デメリット

ソファ 回収業者 処分 メリット・デメリット

回収業者のメリットは、自分の都合の良い日時に指定できることと、搬出作業が不要なことがあります。

自分の都合の良い日時に指定できて、搬出作業が不要というのは、女性や高齢者にとって心強い味方です。

デメリットとしては、回収費用が高いことです。回収費用に関しては、粗大ゴミを出すよりも高くなってしまいます。回収業者によって費用相場にもばらつきがあるため、事前に見積もり依頼すると良いでしょう。

加えて回収業者の場合には、スタッフの対応に差があるため、受けられるサービスの質も異なります。受けられるサービスについては事前にある程度リサーチして把握おくのも大切な作業です。

ソファを回収業者で処分した際の費用

ソファを回収業者に引き取ってもらった場合の費用は1点あたり6,000円~12,000円程度です。

ソファの状態や地域ごとにも費用相場は異なってくるため、必ず事前に見積もりを出してもらいましょう。

もし、きれいなソファの回収依頼を行う場合には、無料回収もしくは買取できる場合もあります。

また、買取が出来ずゴミ処理されてしまう場合には、地域のゴミの区分次第で、費用相場よりも高くなる場合もあります。

例えばスプリングが入っていて、産業廃棄物の分類になってしまう場合などには、業者側で分解作業を行うため、費用が上乗せされます。

ソファを処分する方法3.ニトリに依頼する

ソファ 処分 ニトリ

ニトリに依頼すると不用品回収サービスを利用することができます。

不用品回収サービスでは、ニトリの家具を購入した場合に限り一律金額で同質の家具を依頼することができます。

この不用品回収サービスのメリット・デメリットや費用の算出方法に関しては他の業者などとは少しことなります。

このサービスは、引き取りのみの依頼の場合ニトリの家具であっても不可で、ニトリの家具を購入したときに不要になった自宅の家具のための独自サービスです。

ソファをニトリの不用品回収サービスで引き取ってもらう

ニトリの不用品回収サービスを利用するためには、ニトリで家具を購入する必要があります。

簡単に説明すると、購入したニトリの家具を置くために不要になった自宅の家具を引き取ってもらえるサービスのことです。

利用することができれば料金は一律3,000円で利用できます。

このように不用品回収サービスでは、不要になったソファだけを依頼することはできません。

サイトはコチラ➡ニトリのカスタマーサポート

ソファをニトリで処分するメリット・デメリット

ニトリの不用品回収サービスを利用することのメリットは金額が安いことと、搬出作業が必要ないことです。

新しいソファを購入するために、不要品を引き取るために良いサービスでしょう。

サービスを利用するための条件は

  • ニトリで購入すること
  • 購入したソファにかけられる人数と同人数分の不用品しか依頼できない

ことです。

不用品の人数が少ない場合には問題ありませんが、人数が多い場合には、サービスを利用することはできません。

加えて公式ホームページにも記載がないので確認する必要があります。

ソファをニトリで処分した際の費用

ニトリの不用品回収サービスを利用した際の費用は、一律で3,000円です。

不用品の人数が多かった場合などは、追加料金を支払ったとしてもトラックに入らない可能性があるため、依頼できません。

支払いに関しては、新しい家具の配達日前日までに店舗で支払いが必要で、オンライン上での決済は行えません。

このようにニトリの不用品サービスでは、一律3,000円という決まった金額ですが、条件を満たさない限り利用することができないので覚えておきましょう。

ソファを処分する方法4.リサイクルショップに依頼する

ソファ 処分 リサイクルショップ

リサイクルショップに依頼するためには、店舗まで持ち込む必要がない場合もあります。

宅配便などを利用してリサイクルショップに送付するだけで、査定から買取まで行ってくれる業者もあります。

査定・見積もりは出張で行う場合もあれば、メールや電話で行っている業者もあるので金額に納得できなければ、引き取りをやめることもできます。

ソファをリサイクルショップで処分するのは無料?

リサイクルショップの場合には買取できないケースもあります。

例えば、状態の悪い場合や壊れている場合などは買取ができないため無料にはなりません。

一方でソファの状態が良い場合には金額をつけて売却できます。

リサイクルショップによって買取価格の査定には大きな差があるため、一度無料査定を利用して金額の見積もりを出してもらいましょう。

買取してもらえれば、費用は一切かからないどころかお金を得られます。

ソファをリサイクルショップで処分するメリット・デメリット

リサイクルショップを利用して引き取るメリットは、金額がかからないことと搬出作業が必要ないことです。

金額がかからず、売ることができて搬出作業も必要ないのはリサイクルショップを利用できる場合に限ります。

デメリットは、買取金額がつかない可能性もあることです。

金額がつかない場合には、売却できないので別の手段を選ばなければならないでしょう。

このように、リサイクルショップが利用できる場合にはメリットが大きいですが、買取できない場合には使えないのがデメリットです。

ソファをリサイクルショップで処分した際の費用

ソファ リサイクルショップ 処分

リサイクルショップを利用した場合にかかる費用は0円です。

むしろ買い取ってもらえた分の金額を受け取ることができます。買取金額の相場に関しては、ブランドや材質、状態などによって大きく異なります。

状態が良いものでも3,000円程度のものもあれば、有名ブランドで状態がそこそこでも50,000円程度値段が付く場合もあります。

ソファを処分する方法5.リユースサービスを利用する

ソファ 処分 リユース

リユースサービスは地域や自治体、NPO法人などが行っています。

インターネット上で調べるとその地域のリユースサービス検索することができます。リユースサービスを利用できれば、コストは一切発生しません。

注意点は不用品を回収する場合に、別途費用が必要になることです。

また、状態が良くブランド物であったとしても買取はできないことも挙げられます。

ソファをNPO法人に処分してもらう

NPO団体では、ショップでは取り扱わないような不用品でも譲ったりもらったりすることができ、不要になったソファを欲しい人がいれば譲ることもできます。

あくまでリユースなので、ボロボロで使えない不用品などは引き取りができません。使用できる程度の不用品であれば、無料でリユースしてもらえます。

サイトはコチラ➡NPO法人

ソファをリユースサービスで処分するメリット・デメリット

リユースサービスを利用するメリットは、金額がかからないことです。

粗大ゴミを出したり、回収業者に回収してもらう場合には費用がかかってしまいますが、リユースサービスなどでリユースする場合には金額は発生しません。

一方デメリットはどれだけ美品であっても売ることはできない点や、リユースサービス施設へ持ち込みが難しい場合には回収手数料の費用が必要になってしまいます。

使用できる程度の不用品でリサイクルショップで金額がつかなかった場合には、リユースサービス施設へ持ち込んでて活用してもらうのが良いでしょう。

ソファをリユースサービスで処分した際の費用

リユースサービス施設などへ持ち込んだ場合には、費用がかからないことが多いです。しかし、回収のために出張してもらった場合などには費用がかかる場合があります。

それぞれの団体や自治体など用いるリユースサービスにより異なります。必ず事前に地域のリユースサービスの費用についてインターネットなどで調べてみてください。

リユースサービスは粗大ゴミを出した場合にも申し込むことができますが、その場合には粗大ゴミの手数料は支払わなければなりません。

ソファを処分する費用相場まとめ

ソファ 処分 費用相場

費用相場は以下のようになります。

  • 粗大ゴミ:地域によって定められた金額を支払う(800円~2,800円程度)
  • 回収業者:査定金額に準じた金額を支払う(6,000円~12,000円程度)
  • ニトリ:3,000円(ただしニトリの家具を買った場合に限る)
  • リサイクルショップ:無料(買取金額がついた分の料金を受け取ることができる)
  • リユースサービス:無料(出張回収した場合などは別途料金が必要な場合もある)

あなたにあったソファの処分を選ぶようにしましょう。

ソファ以外にも処分したいものがある場合は?

ソファ以外にも処分したいものがある場合には、弊社の電話番号へ連絡すると金額の見積もりなどを行ってもらうことができます。

お待ちしております。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事