処分の方法と費用

ピアノの処分(買取)方法5選と費用相場まとめ。無料で処分するノウハウも!

ピアノの処分(買取)方法5選と費用相場まとめ。無料で処分するノウハウも!

はじめに

近年ゴミの捨て方についても地方自治体によって細かく決められるようになり、いろいろな物の捨て方が気になるようになってきました。

その中で、昔から使っていたピアノを捨てたいという方もいるはずです。

そこで今回は最新のノウハウをもとに処分方法をまとめてみました。

ピアノの捨て方・処分方法5選

処分方法は大きく分けて5つです。

  • 粗大ゴミとして出す
  • 業者に頼んで捨てる
  • 人に譲る
  • 中古として売る
  • 販売業者への下取り

となります。

それぞれについてメリットやデメリットがありますが、ピアノを長く愛用されていた方ならそれ相応の感情があるに違いありません。

ご自身に合う方法を検討し、思い出が悔いのないように処分できる方法を考えていきましょう。

ピアノを処分する前に知っておくコト

処分する前にまず知っておかなければならないのは、いったい何ゴミなのかということです。

地方自治体によって方法はことなりますが、通常であれば粗大ゴミとなります。

粗大ゴミということは、ご家庭で通常出しているゴミと一緒に出していても持っていってもらえないということです。

市役所や環境センター等に連絡し粗大ゴミ回収の予約をとったり、業者へ連絡して回収予約をとらなければいけません。

ピアノの処分方法1.不用品回収業者に依頼する

ピアノ 処分 不良品回収

まず1つ目の方法が不用品回収業者へ依頼することです。

インターネット等により不用品回収業者を検索してみるとたくさんの業者が出てきます。

業者を選び、電話等を使い連絡をすることで業者が家へ取りに来てくれます。

ピアノの処分費用相場は10,000円~50,000円

不用品回収業者へ依頼をした場合、処分費用が必要になります。

費用の相場は10,000円から50,000円と幅広いです。

この費用の違いは状態や質、ブランド等によって変わってくるようです。

業者によっては持ち帰ってリサイクルして再度販売している業者もあるようで、持ち帰った後に売ることができる価値のあるものなのかどうかによっても費用が違うようです。

ピアノ処分を不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

業者に依頼する場合のメリットはなんと言ってもスピーディだということです。

即日来てくれる業者もあり、今すぐ捨てたい方にはお勧めといえます。

また、ピアノ以外にも家のものをたくさん捨てたい場合には不用品回収業者にお願いするのがオススメでしょう。

しかし、デメリットとしては費用が必要なことでしょう。やはり業者としての利益も取らなければいけないということもあり、回収費用は地方自治体を利用する場合と比べて20倍近くになることもあるようです。

おすすめの業者を知りたい場合は弊社遺品整理の窓口にご連絡ください。

ピアノの処分方法2.知り合いに譲る

ピアノ捨て方 知り合い

最も信用でき、費用もいらない方法が知り合いに譲ることで話し合いで全てが解決します。

料金をかけて買い取ってもらうのか、無料で譲るのかは話し合いで決めましょう。

しかし、遠方の知り合いに譲る場合は注意が必要です。

単純に配送業者へ依頼をしてしまうと楽器の配送をしていなかったり、高額な配送料がかかる場合があります。近場で譲ることができる知り合いがいる場合には得策という感覚になりそうです。

ピアノの処分費用相場は10,000円~50,000円

費用の目安は以下のとおりです。

  • グランド40,000円~50,000円
  • アップライト20,000円~30,000円
  • 電子10,000円程度

です。

ブランドや質、保存状態によっても変わってくる可能性がありますが、多くの場合数万円と思って間違いなさそうです。

ピアノの運送料目安

知り合いに譲る場合の運送料の目安は以下のとおりです。

  • グランド30,000円~70,000円
  • アップライト20,000円~40,000円
  • エレクトーン13,000円~30,000円

となっています。

知り合いに譲るとしても、距離によっては高額になる場合が多く業者に頼んだほうが安かったという意見も多々出てくる場合があるようです。費用には十分注意して話を進めるほうがよさそうです。

ピアノを引っ越しの際に譲る方も多い、前述のように、処分するにはそれなりの費用がかかります。なので、無料でなんとかしようとした場合には知り合いに譲る選択になるかと思います。その際、配送料等を考慮して、ご自身の引越しの際合わせて知り合いに譲ることが多いようです。

ピアノの処分方法3.買取業者に依頼する

ピアノ 処分方法 買取業者

費用をかけずに処分する方法として、買取業者に依頼する方法があります。

不用品回収業者と違い、買取業者に依頼すればお金をいただいて処分することが可能になります。

しかし、買い取ってもらうためには状態や型番、ブランド等が重要になり今後まだ価値を持つかどうかが査定金額に大きく関わってきます。

どうせお金をかけて処分するなら安くてもいいから売りたい。そんな方にはお勧めできる手段となります。

ピアノの処分(買取)の際にヤマハは有利

買い取り業者を選ぶ際、実際の査定が正しいのかどうか。運搬に費用が必要かどうかです。

しっかりと対応してもらえる安心感などが挙げられると思います。

その点、ヤマハピアノサービスでは、運搬費用無料や査定100パーセント保証されているため安心の査定を受けることができます。信用できる業者といってよいのではないでしょうか。

サイトはこちら⇨ヤマハピアノサービス

ピアノの処分(買取)査定の際に必要な情報

ピアノ 処分 査定

買い取り査定に必要なものは以下のとおりです。

  • 種類
  • 品番
  • 製造番号
  • メーカー

です。

こちらが必要最低限の情報になります。

状態によっては査定金額が変わることがあるとは思いますが、しっかりと査定してくれるため安心できます。

ピアノの処分(買取)でオススメな業者

おススメできる業者は多数存在しますが、その中で今回は3つの業者を紹介します。

「ユニオン楽器ピアノパワーセンター」専門40年の老舗業者です。

お客様から買い取ったものを国内外へ販売していることもあり、高額査定が期待できます。

30年以上前の古いピアノでも対応してもらえるため、長年使った思い出のピアノを買い取ってもらうことも可能になります。「タケモトピアノ」買取をした後、世界中の子供たちへリユースされます。

修理してリユースすることが多い企業であるため、高額査定が期待できます。

サイトはこちら⇨ユニオン楽器ピアノパワーセンター

ピアノの処分方法4.ネットで売る

ピアノ 処分 メルカリ

出典:メルカリ

他にもネットで売る方法があります。

インターネットが普及した昨今では、ネットの中だけでも物を売ることができます。

メルカリでは数十万円ほどの金額で売買されることもあります。

しかし、実際にピアノを送るとなると梱包でかなりの費用や時間がかかることが想定されます。

ヤマハのピアノの処分(買取)しやすい

ヤマハ ピアノ 買取

有名メーカーであるため、ヤマハのピアノは比較的処分がしやすいようです。

買取業者も他の高価なものよりも多くの人が買いたいものを買い取る傾向にあるため、ヤマハブランドは大人気だといえます。

ピアノ処分をネットで売るメリット・デメリット

ネットで売る場合、メリットは販売金額をご自身で設定することが可能である点でしょう。

思い出の詰まったものを思い出のぶんだけの金額で提案することができるため、成立した場合の後悔が少ないようです。デメリットは、成約した場合の運送が困る場合があることでしょう。

運送費用だけでなく、そもそも運送してもらえない地域等もあるため、しっかりと確認してから成約することをおススメします。

ピアノの処分方法5.粗大ごみとして出す

ピアノ 粗大ゴミ

粗大ゴミで出す場合には市役所や環境センターへ届出をする必要があります。

届出をした場合でも、予約待ちで数週間から数ヶ月かかる場合もあります。

時間がかかる分費用は安く、ゴミで出したいけれどあまりお金をかけたくない人におススメです。

ピアノをゴミとして処分する場合(東京都)

ゴミを処分するには、粗大ごみ受付センターに申し込み、処理券の購入、処理券をピアノに貼り付け、収集日当日という順序を踏む必要があります。

申し込んでから収集までに平均で2週間以上かかる場合も多いため、余裕をもった計画性が必要です。

サイトはこちら⇨世田谷区公式サイト

ピアノをゴミで出すとかかる費用2000円ほど

不用品回収業者と比べ、粗大ゴミ回収でかかる費用は2,000円ほどと安価です。

急いでいない場合や、資金にあまり余裕のない場合は地方自治体に依頼し、回収してもらうのがよいでしょう。

しかし、粗大ゴミとして回収されるともう二度と使われることなく破棄されてしまうため、心残りのないようにしましょう。

ピアノをゴミに出して処分するメリット・デメリット

地方自治体に粗大ゴミ回収を依頼する場合、なんと言ってもメリットは料金の安さです。他のゴミ回収と比べても最も安く、料金的に抑えたい方はおススメです。

デメリットは時間がかかりすぎることです。

申し込みから回収まで、遅ければ3ヶ月近くかかる場合もあり、申し込んだことを忘れてしまったり、状況が変わってしまうこともあるようです。

申し込む場合にはしっかりと計画を立てて申し込むことをおススメします。

ピアノの処分にかかる費用まとめ

不用品回収業者に依頼をすると数万円程度、買取業者に依頼をすると無料もしくは査定金額でお金をもらえる。地方自治体に依頼をすれば2,000円程度となります。

それぞれにメリットやデメリットがあるものの、ご自身の目的によって方法はたくさんあります。

すぐ捨てたいなら業者連絡するのが一番早いです。

もし、オススメの業者を知りたい場合は弊社にご連絡ください。

そんな感じで考え、知り合いへ声をかけてみて譲る相手が居なかった場合は処分する。といった流れで考えてみてはどうでしょうか?

ピアノを買取りしてもらえない場合は?

ピアノ 買取り できない

買取業者へ依頼し、査定の結果買取不可能となる場合も少なからずあります。

そんなときはどうすればよいでしょうか。

もちろん、不用品回収業者へ依頼しなおしたり、地方自治体へ依頼する方法をとることも可能です。

しかし、買取業者の中には査定不可能なものを無料で処分してくれる業者もあるため、しっかりと調べてから依頼することをおススメします。

ピアノを無料でどうしても処分したい場合

どうしても無料で処分したい場合には、知り合いに連絡してみることもひとつの方法ですが、ヤマハピアノサービスなど買取業者へ電話してみましょう。

買取業者の中にはピアノをリユースしたり、部品だけを使ったりして世界中へ貢献している企業もあります。

そういった寄付のために引き取ってもらえる業者もあります。

ピアノ以外にも処分する場合は

ピアノ以外にも多くのものを処分したい場合には不用品回収業者が最も早く回収してくれます。

しかし、料金がかかるため地方自治体の回収サービスを利用すると料金的には抑えられます。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事