遺品整理お役立ちコラム

原付の廃車にする3STEPで紹介!廃車証明書についても紹介(2020年最新版)

原付の廃車にする3STEPで紹介!廃車証明書についても紹介(2020年最新版)

原付を廃車にするとはどういうこと?

原付 廃車 とは

原付バイクを廃車するということは、国の登録から原付バイクの記録を抹消することです。

人間でいうと戸籍の、原付バイクバージョンのようなものです。

事故などで壊れたから、というようなことでは廃車と言えません。

廃車をするには、廃車手続きを行わなければならないのです。

また廃車手続きをすると、毎年かかる「自動車税」もかからなくなります。

しかし一度廃車手続きをすると、その原付バイクでは公道を走れなくなるのでしっかりと理解しておきましょう。

原付バイクを廃車するステップ1.必要なものを揃える

原付 廃車 必要なもの

まずは、原付バイクを廃車するためには必要なものを揃えなければなりません。

原付バイクの廃車に必要なものは下記の3つになります。

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 印鑑

ナンバープレートは返納するので、バイクから外して持って行きましょう。

標識交付証明書は、あなたの原付の情報が載っている証明書になります。

印鑑は「認印」で手続きができます。

それぞれ原付バイクを廃車する前に、事前に確認して用意しておきましょう。

原付を廃車に行う際に必要なナンバープレートと標識交付証明書

「ナンバープレート」や「標識交付証明書」は、廃車手続きをするときに必ず必要なものです。

ナンバープレートは廃車手続きを行う際に、必ず返納しなければなりません。

乗らなくなると廃車をする前に、事前にバイクからナンバープレートを外していつでも持っていけるように、手元に用意しておきましょう。

標識交付証明書も、原付の情報が乗っている書類なので廃車手続きをするときは必ず必要です。

もし標識交付証明書をなくした場合でも無料で再発行してくれます。

標識交付証明書が、手元にない場合は「身分証明書」と「印鑑」を持って再発行しておきましょう。

ナンバープレートを再発行することも可能

ナンバープレートは、実は役所からのレンタル品なのです。

なので、ナンバープレートは廃棄手続きのときに必ず返却しなければならないので必ず必要です。

ですが紛失した場合や、盗難にあった場合でも重く受け止める必要はありません。

もしも紛失したり盗難にあったときは、ナンバープレートの再発行ができるのです。

それも1000円前後で再発行が可能なので、手元にナンバープレートがない場合は、必ず事前に準備しておきましょう。

原付を破棄するステップ2.役所へ行く

原付 廃車 役所へ行く

廃棄するときに必要なものが揃えば、廃棄手続きを行うために近くの「区役所」や「市役所」など、

原付バイクが登録されている市区町村の役所に行き、手続きをします。

また場合によると混雑していることもあるので、スムーズに手続きするためには事前に役所に連絡し、確認しておくことをおすすめします。

また、乗らなくなった原付バイクの処分の手続きを含めて、処分代行を依頼できるバイク買取無料出張サービスというのもあるみたいです。

原付を廃棄するステップ3.廃車証明書を発行してもらう

原付 廃車証明書

「廃車証明書」を発行してもらうには、原付バイクの登録がされている役所にいきます。

そして原付バイクの廃車手続きをし、「廃車証明書」を発行してもらいます。

「廃車証明書」は自分でバイクの廃棄処分をするときは、バイクの処分が終わるまで「廃車証明書」は大切に保管しておきましょう。

バイクの処分が完全に終わると、「廃車証明書」は個人情報なども書いてあるのでシュレッダーにかけるなどして、個人情報がもれないようにしっかりと処理しましょう。

廃車証明は業者、知人に譲渡する場合に必要

廃車した原付バイクを友人や知人に譲る時は、原付バイクの引き渡しと一緒に「廃車証明書」を渡さないといけません。

譲ってもらった人は、「廃車証明書」がなければ名義変更やナンバープレートをもらうことができません。

またバイク買取業者にバイク本体の買取を依頼するとき、バイクを修理して販売したり、新しい所有者の名義変更に使用するので、自分の手元からバイクがなくなるまでは「廃車証明書」は大切に保存しておきましょう。

原付を盗難された場合にも廃車にすることは可能

原付 盗難 廃車できるか

原付バイクを盗難された場合、廃車にすることは可能です。

まず盗難された場合は、「盗難届の提出」「廃車証の取得」そして保険会社に連絡しましょう。

廃車手続きをする時は、一番初めにまず盗難届を最寄の番や警察署に持って行きます。

盗難届を出すと、盗難届けの控えを取得できます。

その控えを役所に持って行くと廃車手続きができます。

廃車証明書を発行してもらい、その「廃車証明書」があれば盗難があったことと、自賠責保険の解約を伝えると、残った分の保険の料金が帰ってきます。

原付を廃車にするよりもお得な方法

原付 処分 お得な方法

廃車するバイクを自力で廃車しようとせず、買取依頼をすることで廃車をするよりも手間がかからず、お得になるケースがあります。

自分で廃車をしようとすると、手間も時間もかかりますし、お金もかかりますよね。

ですが買取業者に依頼をすることで、手間もかからず、場合によっては処分をするのにお金になることもあります。

もしあなたが廃車を考えていて、「自分の原付バイクなんてお金にならない」と思っていても一度、

バイク買取への依頼は簡単な入力フォームですぐにできるので、まずは一番ラクな方法の買取査定依頼に依頼してみてもいいと思います。

原付の廃車にする3STEPと廃車証明書について まとめ

原付 廃車 まとめ

原付を廃棄するには、どのような手順なのかおわかりいただけましたか?

まず「廃車に必要なもの」を準備し「役所」へ持って行き「廃車証明書」を発行してもらいましょう。

そして、「廃車証明」はバイクを手放すまで大切に保管しておきましょう。

廃車をするには、個人それぞれですが自分で廃車する以外にも買取業者に依頼することもできます。

気になること、わからないこと、おすすめの業者が知りたい場合は是非一度、弊社にご連絡ください。

関連タグ

遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。 遺品整理の窓口 | 遺品整理業者・不用品回収業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較して、お探しいただけます。

関連記事